美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)

著者 :
  • ワック
4.04
  • (7)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 150
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898318522

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コロナは残酷なほど日本の体たらくぶりを曝け出しました。コロナ後は果たして先進国に止まれるのかという記事にドキッともします。4人の総裁候補の主張を聞いても、問題は山積みです。次の総裁には日本が脱落しないよう舵をとって欲しい。高市さんは実務派で勉強熱心ですね。熱の入った提言でした。個人的には地方再生には道州制を検討して欲しいし、膨大なシニア層が活き活きと社会に参加できるようなビジョンも提示して欲しいですね。

  • 自民党内でも右派の高市早苗氏。私とは政治的な方向性が異なるので敬遠していたのですが、自民党総裁選を期に関心が出てきたので、このタイミングで出版された一冊で勉強を、と思い購入。
    安全保障に力を注いだ内容で、概ね今の日本に必要な政策を、安全保障の観点から幅広く取り上げられています。アベノミクスを後継する、ということで「安倍の傀儡」などと揶揄されがちですが、この後すぐに読んだ玉木国民民主党代表の本と読み比べると経済・安全保障では似通った点が多く、もっと高く評価されてもいい政治家ではないか、と考えさせられました。

  • 一気に読み上げました
    率直に言ってかなり政策立案されてて実行されてます。
    メディアの方向性で偏向的に見られがちですが本書を読むと全く違うことがわかります。
    個人的には給付付き税額控除に言及があるので貧困対策はここに収斂していくのかなと思います。
    他にも介護や子供施策やひとり親家庭施策にも言及があるので福祉も考えていただけているものと感じました。
    総裁選の結果が楽しみです。

  • 自民党総裁選のタイミングに合わせてこれを出せるということは、かなり前から狙っていたのでしょうか。内容は多岐に渡り、かつ難解な文章が続き面白みはいっさいなかったが勉強にはなった。しかし万人受けする内容ではなかったかな。

  • タイトルが安倍前総理の本と似ている気がする。方向性も同じなんすね。
    内容としては、語りたいほんの一部を執筆した感じと大衆向けに抑えて書いている印象を受けました。

  • 高市さんの掲げる政策が、真にこの日本を動かし、全ての日本人に誇りと意欲を与えてくれるものであり、支持したい。

  • 期待できる

  • 『#美しく、強く、成長する国へ』

    ほぼ日書評 Day480

    高市早苗氏著。
    今年8月の執筆とのことで、この世界というのは、本当に一寸先は闇なのだなと改めて思う。

    新書版で紙面にも限りがあるため、内容は総花的かつ個別事案についてはどうしても説明不足の感はあるが、トピックの網羅性ならびに重要事案については議員立法初め自ら動こうとしている姿勢は高く評価できる。

    ただ、総裁選を睨むとなると、昨日紹介の『自民党総裁選』にある小泉純一郎氏の選挙戦に比べると、まだまだ国民レベルの「うねり」のようなものは断然不足している(個人的には、当時も今でも、小泉推しではないのだが)。

    https://amzn.to/2XD3L6x

  •  サナエノミクスの第3の矢である危機管理投資と成長投資についてとても詳しく書かれていた。サイバー・デジタル・インテリジェンス・アカデミア・防災・医療等必要な分野に惜しみなく投資していくと言うスタンスはとても良いと思う。
     一つだけ言うならあまり減税についての言及がなく、基本的に補助金スキームだという印象を受けた。首相になって減税に向けて動いてくれると良いのだが、、

  • 彼女の主義主張が知りたい方はこの本を読むと良い。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

衆議院議員

「2018年 『サイバー攻撃から暮らしを守れ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高市早苗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
稲盛和夫
百田 尚樹
竹田 恒泰
松下 幸之助
百田尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印

美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×