バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)

  • ヴォイス
4.02
  • (56)
  • (22)
  • (47)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 366
感想 : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899760344

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『かみさまは小学5年生』に出てきたので買ってみた。調べてみると、バシャールさんって、一時期ブームになっていたんだなと分かった。改めて、今の言葉でいうスピリチュアルな世界は、時代時代で言葉や定義は違うかもしれないけど、ブームになり、話題になり、それに熱中する人々がいるんだと思う。

    この本は、バシャールと名付けた宇宙人との交信記録だ。「えっ、宇宙人!」という感じで、「とんでも本か?!」と疑いたくなる類のものだが、バシャールのいう言葉が深かったのでブームになったようだ。バシャールは米国人のダリル・アンカの体を借りて交信をする。ダリル・アンカにはバシャールとの交信中の記憶はないそうだ。

    この本で一番のメッセージは、「あなたが今ワクワクすることをしなさい。そうすれば、あなたがこの世に生まれてきた目的に一番早く着きます」だろう。この本が初めて世に出たのが1987年なので、それからすでに30年の月日が経っているにも関わらず、このメッセージには引力がある。

    「過去も未来も現在にある」
    「今生きているところに、生きる。現在に生きる」

    「ネガティブな行動とは、分離してしまう行動」
    「ポジティブな行動とは、統合する行動」

    「興奮と不安は、非常に細い境界線で区切られた裏表」

    「宇宙でただひとつ確かなことは、変化しているということ」

    こんな言葉がちりばめられている。
    言葉はエネルギーになると思う。

  • 愛と光だけを信じる人は、人生の中で愛と光しか体験しません。
    物理的な現象=あなたが信じていることが創りだした幻想。
    ワクワクを行動に移す!
    宇宙はいつもサポートしている。
    すべてのことは完璧なタイミングで起きる。
    リラックスして行動する。
    毎瞬ワクワクする。
    人生というのはすねべてあなたが一番やるべきことをやっているとき、みんな必要な時間にタイミングよく配置されている
    自分自身で経験している人生というものは、すべて自分に責任がある。

    人生は本当に単純で簡単なものである。

  • 【#ブックカバーチャレンジ Day4】

  • ワクワクさん(笑)
    とても面白いです。
    ワクワク、ワクワクって、元は「exciting」ですね。
    躍動感のある好奇心や愛のような感じですかね。
    excitingなことどんどん探していきたいですね。

  • 何度読んでも良い

  • ようやく読むタイミングに

    10-

  • 改めて、自分の存在価値を感じ取れる
    バシャールの真骨頂

  • 信じるか信じないかは抜きとして、考え方として新しい着眼点をくれます。

  • ワクワクが、霊性進化における基本中の基本。みんな子供の様に、自分がワクワクする方へ向かおう!!!

  • ダリル アンカがどのようにして、宇宙意識のバシャールをチャネリングするようになったが書いてあって、そうだったのか、、と思いました。

    とにかく、ワクワクすることをすると、どんどん良いことが巡ってくるという
    お話でした。

    苦労して頑張らないと良い結果がでないという固定観念をすてて、
    シンプルに、簡単に幸せになれるという観念が真実、、というか、
    自分が思うことが実現するわけだから、簡単にできると、自分に落とし込めばできると言うことが、何回も書いてありました。

    レムリアとかアトランティスなど、スピリチュアル系のブログなどを読んでいると、でてくるワードが出てきて、なんとなく分かったような気がしました。

    そのほかに、地球の起源とか、多次元のことについて書いてあって
    とっても興味深かったです。

全37件中 1 - 10件を表示

バシャールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジョン マクドナ...
犬飼 ターボ
パラマハンサ・ヨ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×