バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)

制作 : 関野直行 
  • ヴォイス
3.96
  • (25)
  • (9)
  • (19)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :151
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899760467

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生すべて肯定。優れた人間関係論。

    探求している過程自体が人生の目的の一部です。
    その行動、やっているという部分があなたの目的です。
    どういう表現をするかというのはあなた自身によって決まります。ですから、それをエキサイトする方向でやってください。
    統一性を持ってやる限り、自分で惹かれることをやることによって、必ずその道は開けてきます。
    統一性をもたずにやっているときも、目的にかなっています。
    そこに学ぶものがあるということです。
    統一性を持たないのはなぜかという事が自分で分かったとき、自然にスイッチバックして元の位置に戻ります。

  • 以下、覚書です。。

    チャネリングは、結局自分の頭の中のお喋りだということ。
    それは、自分の中にすべての答えがあるから。


    「もし、どうしたら良いかハイアーセルフに聞きたくなったら、
    自分がハイアーセルフならこう言うだろう、こういう行動をするだろう」
    ということを、実行することが良いらしいです。

    もし、自分がそうありたくない自分だと感じる時、
    自分を責めない!
    責めることは、自分がなりたい本当の自分になるのを遅らせるだけ。

    そういうときは、、
    「あぁ、今まで自分は本当の自分の通りに行動していなかったな、
    じゃ、これからはそうしよう。」と思うだけで良い!

    出産時に自分に必要なエネルギー、ガイド、イルカ意識を自分の周りに呼んで、自分の周りに水を想像すると子供は水の中を滑るように楽に生まれてくるそうです。

    愛の逆は憎しみではなくて、罪悪感。

  • 相変わらずスピリチュアルな内容が濃い印象です。設定に無理がある感じはしつつも、伝えたいメッセージやスタンスは一貫しているので、そんなに嫌な印象はありません。カウンセリングの会話の部分からは昔自分が考えていたのと通じる面もあるので、読んだら読んだできっと面白いと思います。

  • 誰かの質問に答えてくれているのですが、
    私の質問に答えてくれているようです。

  • 「わくわく」することが、大事。
    わくわくという言葉を、はじめて教えてもらったのは、この本からでした。
    とても、読みやすく楽しい本です。

  • 目からウロコの真理がちりばめられていて、大切なところには線を引きながら人生の教科書として持っています。
    人生の中で時々読み返して消化し切れているかチェックしていたい本です。1〜8どれもおすすめです。

  • バシャールは、旧一巻、今のペーパーバックの1〜3が名作。
    我が家には旧のほうがあるので、どこからどこまでが今の巻にあたるのか不明。
    ワクワクするほうにいけばいい、というのは真実ですだ。

全9件中 1 - 9件を表示

バシャールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
エンリケ・バリオ...
パラマハンサ・ヨ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)はこんな本です

バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする