本のちょっと (Vol.1 本を旅する)

制作 : 東京はじっこクラブ/雲プロダクション 
  • 啓文社書房
2.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899920144

作品紹介・あらすじ

本との関わり、
ちょっとだけ愉しく。
暮らしの中の、
ちょっとした時間に。

ブック・ワールドにようこそ。
随筆、評論、小説、詩歌、書店、古書店、図書館、校閲、街、喫茶店、酒場…、まるご
と1冊本のことで詰まった小宇宙。
オモシロ付録付TOKYO最東端通信『はじっこ』付。

『本のちょっと』が編集・発行されるのは、東京都江戸川区小岩。
編集部があるのは、昔懐かしい商店街の奥の住宅地の中。
小岩は、東京の最東端、川を越えれば千葉県のはじっこの町、東京最後の未開拓地。
『本のちょっと』は、荒川、隅田川、中川、江戸川の流域である、江戸川区、葛飾区、足立区がホームグラウンド。
東京の最東端、このはじっこのエリアから、新しい「川の手文化」、遊び心溢れる「出
版文化」を発信していきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まさしく #本の本 本のバラエティブック。
    林芙美子 パリまで女の鉄道ひとり旅、「失われた時を求めて」を求めて、ジャック・タチ礼賛が秀逸。一号止まりなのかな???次号もあれば読んでみたい。

  • 定期購読出来るかな?

    啓文社書房のPR
    定期刊行の第1弾。今回のテーマは「本と旅」。
    持ち運びしやすいコンパクトなサイズ、愛着が湧くキュートなブックデザイン、
    本好きのために用紙など手触り感も大切にしました。ありそうでなかった「本の本」。
    出版低迷が叫ばれる今、本の世界にちょっとだけ元気を。
    随筆、評論、小説、詩歌、書店、古書店、図書館、校閲、街、喫茶店、酒場…、まるご
    と1冊本のことで詰まった小宇宙。
    オモシロ付録付TOKYO最東端通信『はじっこ』付。
    http://kei-bunsha.co.jp/archives/683

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする