戦後の流星 毎日オリオンズ 1950~1957パ・リーグを背負った球団の8年(野球雲7号)

  • 啓文社書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899920199

作品紹介・あらすじ

昭和25(1950)年、セ・パ両リーグ分裂の大きなきっかけとなった毎日新聞社のプロ野球への参画。
読売新聞社のジャイアンツに対抗するべく、毎日オリオンズを中心にパ・リーグが形成された。
荒巻淳、西本幸雄、今久留主淳など別府星野組や都市対抗野球出身者を中心に、阪神タイガースから若林忠志、別当薫、土井垣武、呉昌征が加わり、松竹ロビンスを破り、2リーグ制初の日本一に。
その後も山内和弘、榎本喜八などが加わり、昭和33(1958)年に大映ユニオンズを吸収合併、毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ)となるまで、戦後まもないプロ野球に流星のような軌跡を描いて消えた毎日オリオンズの8年間にスポットを当てます。

●経営に一人の正力も、現場に一人の鶴岡もいなかったことが「強いけれど凡庸な」毎日オリオンズを生んだ。
●東京日日新聞(毎日新聞前身)が誕生したしたのは野球が日本に伝わったのと同じ1872(明治5)年。学士会館の脇に「野球発祥の碑」が建っている。毎日新聞本社とは、直線距離で200メートルほどである。
●新聞の「毎日」と映画の「松竹」、1950(昭和25)年の第1回日本シリーズは、戦後を象徴している。
●別当は猫背で、眼鏡を直すちょっとしたしぐさもかっこよかった。縦縞のユニフォームがあんなに似合う人はいなかった。
●フランチャイズという要素はまだなかったけれど、「東京のチーム」という感じがあった。
●千葉は球団史上最も長い期間の本拠地として四半世紀を迎えた。ようやく本当の本拠地を得られたのだ。もうガラガラのスタンドもさまざまなアクシデントも後免である。

著者プロフィール

1959年大阪市生まれ。立命館大学卒業。 コピーライター、プランナー、ライターとして活躍中。 日米の野球記録を専門に取り上げるブログサイト「野球の記録で話したい」でライブドアブログ奨学金受賞。 著書に『巨人軍の巨人 馬場正平』、『プロ野球なんでもランキング』、『プロ野球解説者を解説する』『野球崩壊』(以上、イースト・プレス刊)、『もし、あの野球選手がこうなっていたら』(オークラ出版刊)『ふつうのお寺の歩き方』(メディアイランド)など。

「2017年 『奈良 徹底的に寺あるき 84ヶ寺をめぐるルート・ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

広尾晃の作品

戦後の流星 毎日オリオンズ 1950~1957パ・リーグを背負った球団の8年(野球雲7号)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×