ドラッグストア トリッパー!

著者 :
  • 青山出版社
3.68
  • (7)
  • (10)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899980797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ポストマニアに続いて読んだ。
    デザインは日々の生活を豊かにする。これ絶対。医療者として,この視点はちゃんと持っておきたい。

  • スーパーマーケットマニアのドラッグストア編みたいなかんじ。
    ドラッグストアもの好きだから、おもしろかった。

  • 今まで生きてきた中で一番足を運んだお店は?と聞かれたら自分的に2番目くらいに入るのがドラッグストアな気がする。海外のも大概ワンダーランドだけど、この分野においては日本も実はひけをとらないんじゃないかと認識。

  •  ヨーロッパのドラッグストアで売っている商品には、日本と同じものでも異なる色遣いを用いたものが沢山あり、それ故とっても素敵なテイストに変身しているものがあります。

     例えば水枕。
     日本は赤が定番ですが、ヨーロッパは青が定番。
     それだけでかわいいったらありゃしない。

     本を眺めるだけで、ヨーロッパに行ったような感覚になるのが楽しい一冊。

  • スーパーに続いて ワクワクするのがドラッグストア
    カッコイイ、可愛いパッケージが満載

  • これまた森井ユカさんの本、俺はストーカーか?(笑)

    読んで字のごとし、ドッラッグストアの逸品紹介です。
    これまたヨーローッパのお店ばかりですな。。。

    この方面では日本もヒケをとらない分野だと思うの
    ですが。。。

    と考えていましたが、本を読むとやはり北欧の製品は
    日本製品とは一味も二味も違いますね。。。

    若いオネーサン向け?なのかコンドーム等の避妊具
    の紹介がないのが残念です。

    薬局の前にあるゴムの自販機、これには昔お世話に
    なりましたわ、あのころはうぶだった。。。(汗)

  • スウェーデン・フィンランド・フランス・イギリス の薬局とかスーパーマーケットで扱ってるものの本なんですが、めちゃくちゃ可愛いです。
    他の国の薬品とかも普通に扱ってるのが意外でした。そうえば日本の薬局ではあんまり外国のもの(薬とか。体質違うから当たり前かもですが。)扱ってないな……。
    のど飴とかなんかおいしそうでした。でもサルミアッキに挑戦する勇気は無いです。w

  • 海外に行って、いますぐドラッグストアを巡りたい!

  • 2008.1/3
     「ミュージアムショップトリッパー」のほうがかわいらしさがある。たしかに北欧の薬のパッケージはおしゃれではあるが。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

森井ユカ(もりい・ゆか)
立体造形家で雑貨コレクター。小さいものを作ることと愛でることを仕事にしている。2019年より東京と台北の2拠点生活を開始。
立体造形では粘土を使ったイラストレーション、キャラクターデザイン、漫画のキャラの立体化。既成のキャラの立体化では『ポケットモンスター』『あたしンち』『おいピータン!!』など。オリジナルのキャラクターデザインでは『がすたん』(京葉ガス)、『ねんDo!』(アガツマ)など。
雑貨コレクターとしては国内外の日用雑貨や食品パッケージを収集し書籍化、また各メディアでの解説をしている。
代表著作に『スーパーマーケットマニア』シリーズ(講談社)。近著に『10日暮らし、特濃シンガポール』(晶文社)、『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。』『旅と雑貨とデザインと』(ダイヤモンド社)、『IKEAマニアック』(河出書房新社)。有限会社ユカデザイン代表。

「2019年 『旅のアイデアノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森井ユカの作品

ツイートする