日々の100

著者 :
  • 青山出版社
3.77
  • (52)
  • (62)
  • (79)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 576
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899980988

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二男購入。

  • 愛用品を100点紹介し、そのひとつひとつについて自身のエピソードを語っている本。

    その語りの中で、やはり人との出会いは自分の視野や可能性、夢までもを広げるものなのだなぁと感じた。自分が選んだもの、好きなもの、と思っているものも生きる過程で様々な人から影響を受けてきた結果なのだと思う。そして自分も人に影響を与えているのだろう。

    今度名古屋に行ったら花桔梗の寒氷を購入し、愛で、楽しみたい。

  • ああ、人ってこういう生活に憧れるんだろうなあと思った。モノで飽和状態な現代のこの国で、自分の気に入ったモノだけをを丹精込めて使う生活は、どれほど豊かに感じられることだろう。

    100あるモノのひとつひとつに物語があって、出会いがあった。わたしは、自分の大切なものを100も選ぶことは到底できない。立場も経済状況も性別も年齢もまったく違うけれど、これから1つずつゆっくりでいいから、著者が慈しみながら語ったような、自分にとっての日々の100を見つけていきたい。

  • 本屋で立ち読みして最近はまっている松浦弥太郎の本
    エッセーも好きだけれどお気に入りの紹介をしているもののほうが自分は好き

  • こだわりや蘊蓄を知るのは楽しい。ソニア本より文章が読みやすいのもいい感じ。

  • いろいろと参考になることばかりだった。
    やっぱり、こういうこだわりを持って生活している男性ってかっこいいと思った。
    歳を重ねるごとに、自分の好きなものだけに囲まれていきながら生活をしていきたい。
    この本の続編もあるみたいだから読んでみたい。

  • 読んでいても「ピン」とこないことや、「へー」としか言えないことが半分ちょっと。
    でも時々、25の私にも「ピン」と来ることや、スケジュール帳に書き残したくなる言葉に出会える。

    朝出かける前に1ページ。
    昼休みに1ページ。
    夜に10ページ。
    そんな感じでゆっくりと読み進めて、終わってしまうのが少し寂しく感じるほど、癒されるというか、一人になれる本でした。

    「こだわり」って、すばらしい。

  • センス、いいよなぁ。ボタンダウンはブルックスブラザーズ、とか、ファッションのお手本はタンタン、とか、ちょいちょい、僕と同じ部分があって、ニヤッとしたりしながら、読んでいた。(13/5/2)

  • 毎日、肩の力を抜いてリラックスしながら少しずつ少しずつ、大切なお気に入りについて書きためた感じが、優しく伝わってくる。

  • 愛着、ひいては愛し愛されてるもののエピソードばかりを読んでいると、心が洗われる。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日々の100のその他の作品

日々の100 (集英社文庫) 文庫 日々の100 (集英社文庫) 松浦弥太郎
日々の100 (集英社文庫) Kindle版 日々の100 (集英社文庫) 松浦弥太郎

松浦弥太郎の作品

日々の100を本棚に登録しているひと

ツイートする