Mの世代―ぼくらとミヤザキ君

制作 : 太田出版 
  • 太田出版
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900416758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物事の良し悪しをきちんと俯瞰できる人で、且つ切り口が鋭く、今読んでも斬新。ファンだからひいき目に見てしまっているかもしれないが、色々な意味で読み手を選ぶ本だと思う。

  • 宮崎事件を個人の感性が裁かれた事件とし、「メディアの子供」という立場から、報道の体質に警鐘を投げかける。

  • これも手元の古い本。大塚英志はひところよく読んだ。
    犯人逮捕からまだ間もないころにまとめられたため、
    宮崎勤への過剰な思い入れが見える。
    まだこのころは、事件を巡ってじっくりと考えられるだけの余裕があったな。
    http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-1270.html

  • 331

全5件中 1 - 5件を表示

大塚英志の作品

ツイートする