ゲームの達人 <上>

  • アカデミー出版サービス
3.84
  • (117)
  • (99)
  • (144)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 747
感想 : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900430037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いいねえ、エンタメだねえ!
    地元の図書館で偶然見つけたこの本。
    な、懐かしい……!
    中学生の頃だったかなあ、シドニィ・シェルダンにはまって、片っ端から読んでたっけ。
    「超訳」って、懐かしすぎる。でも当時は、「超訳って(笑)」みたいな、ちょっと失笑されるような扱いだった気が。気のせいかな?

    内容は、ダイヤモンドがどーのって話だったなあくらいにしか覚えてなかったので、こんなに展開早かったっけーと驚きました。
    ケイト、これからどうなるんだったかな。思い出しつつ、読みたいと思います。

    • とんがりさん
      当時の新聞の広告で、結構な広さを取り「超訳!」って
      宣伝してましたよねw
      子供の時だったので、「シドニィ・シェルダンって大物なんだ、
      凄い人...
      当時の新聞の広告で、結構な広さを取り「超訳!」って
      宣伝してましたよねw
      子供の時だったので、「シドニィ・シェルダンって大物なんだ、
      凄い人なんだ」っておぼろげに感じていました。

      内容は面白いんだけれど・・
      時代を超え読み続かれる訳では無い、「流行り」だったんですよねえ・・
      2018/08/20
  • 小学校4年生の時にゲームブックか何かと勘違いしたのがきっかけで読み始めました。3日程かけて読みふけり、こんな面白いモノがこの世にあったのか!?と。もちろん今読んでもめちゃくちゃ面白いです。思い返せばこの本のおかげで活字大好きっ子になりました。下巻の双子の姉妹編が大好きだったなぁ

  • 自分のそれまでの読書体験に思いを馳せると小学校の頃は雑多な物を読み、特にケイブンシャとか学研から出ていた『~大百科』、『~入門』なる一連のシリーズ本、あと『マンガで読む日本の歴史』といった図書館に陳列されていた本を無作為に読んでいた覚えがある。元々本を読むことが好きで、なおかつ色んな知識(トリビア?)を吸収するのが好きな子供だった私はこれらの本が妙にあっていた。
    で、中学になると図書館にずらっと並んだポプラ社の江戸川乱歩の少年探偵団シリーズに没頭し、はたまた教科書に作品が掲載された星新一氏のショートショートにも傾倒し、さらには当時ドラクエに代表されるRPG全盛の時代に出版された『ロードス島戦記』に歓喜していた毎日を送っていた。
    そこでここは一般に大人が本屋で手に取る作品から感想を挙げるべきだろうと誠に自分勝手な基準を設け、まずその端緒として本書を挙げることとした。

    本作について、現在30歳以上の方々をおいて知らぬ人はいないだろう。当時TV朝日だったか「はなきんデータランド」なる週一の各ジャンルの売り上げランキング番組があり、その書籍部門で毎週ランクインしていたのが本書だった。
    『ゲームの達人』という煽情的なタイトルは当時ゲームっ子だった私を刺激したが、表紙を見るに、どうも自分が想定しているような、ハドソンの高橋名人のような1秒間に16連射できるシューティングゲームの達人といった内容でないことは子供心でも解った。したがって毎週この本売れているようだけど、どんな本なんだろう?と思っていたにすぎなかった。

    本書を手に取るきっかけは高校の同級生の勧めだった。当時クラス、いや学年でも常に1,2位の成績を取っていたK君が私に貸してくれたのだ。当時からK君は大人びており、外国の作家の小説などは親が買ってくれた世界文学全集ぐらいしか読んだことなかった私は、さすがK君は一歩抜きん出ているなぁと感心したものだった。
    で、本書だが、売れるだけのことはあり、すごく面白かった。小説とはこういう物を指すのかと初めて意識した作品だったように思う。

  • 描写の気持ち悪さに何度か諦めたくなったけど、評判通りたしかに惹き込まれる。
    下巻が気になる。

  • 初めて読んだシドニィ・シェルダンの作品。ここから彼の作品にハマることになりました!
    彼の作品は読み出したら、途中で本を閉じれないほどの魅力があります。

  • 中学の時に初めて読んだシドニィ・シェルダンの作品。
    これから、やたらとシドニィ・シェルダンを読みまくる事になったキッカケ本♪
    最近、やたらと読みたくなって再購入&再読。

    詳しくは下巻でね♪

  • 最初のシドニィ・シェルダン作品。
    まるで映画を観ているかのようなストーリー展開。
    図書館で一気読みしました。

  • 購入者:川端
    最近めっきりシドニーシェルダンばっかり読んでます。これは世代が変わっていく物語形式なんですが、分厚さの割にスラスラ読めます。復讐がテーマの上巻ですが、生々しい感じが面白い。

  • 読んでいて引き込まれる、翻訳した文は読みづらいことも多いがそんなこともない。

    上巻ではマーガレットのジェミーへの一途な思いに引きこまれた。
    ジェミーが狂乱して植物人間と化した時、彼は初めて彼女のものになる。
    一日中彼の世話をして、お喋りをする。
    その一年間が彼女にとって最も幸せな時であった。

    なんだか新井素子さんの「ひとめあなたに…」を思い出しました。

  • スコットランド人のジェミーはダイヤモンド発見のニュースを聞いて自分も発掘がしたいと家族に話すが猛反対を受ける。しかし、猛反対の中で母親だけが応援して出発する事ができた。
    働きながら採掘の地を目指してやっとの思いで着いてみると、そこは採掘者と何も無い不毛な大地があるのみでした。
    酒場で聞いた情報を元に協力者を探すが。。。

    この本には信じられない力がある。

    読めば読むほど引き込まれている自分に気が付く。

    時間を気にしなければいつまでも読み続けていたいほどだ。

    展開の早さ、ストーリー性、個性なキャラクター、文章の臨場感などなどあげればキリが無いように思える。

    面白い作品に出会えた事もさることながら、シドニィ・シェルダンと言う作家に出会えた幸せの余韻をいつまでも感じていたい。

    読んでない人は読めばもう1ページもう1ページと進めてしまう気持ちにご理解戴けるじゃないかな?と思います。

    こんなに続きが気になる作品は久しぶりだな。

全93件中 1 - 10件を表示

シドニィシェルダンの作品

ツイートする
×