無言の名誉〈上〉

  • アカデミー出版
4.00
  • (7)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900430594

作品紹介・あらすじ

気が進まぬまま米国へ留学した日本人少女を待ち受けていたものは?世界に吹き荒れた侵略の嵐。憎しみと疑心暗鬼は日米関係をついに戦争にまで追い込んでしまった。戦慄と仰天のストーリーが展開する中、すべての日本人が知らなくてはいけない、米国における日系人強制収容所の実態が明らかになる。家屋敷、家財道具、店、事業、農業、信用、何十年とかけて築き上げたもののすべてを投げ出さなければならなかった十余万の日系人たち。日米決戦の激流に翻弄される大和なでしこ一人。米国一の人気女流作家が愛を込めて書く日本人賛歌。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第二次世界大戦前に留学をした1人の少女が、帰れぬまま異国で時代を生きる。
    米国での日系人強制収容所の実態が明らかに・・・。

    これを読んで「日本人」を考えた。
    とにかく涙止まらず、身体の震え止まらず…。
    女性には読んでもらいたい!

  • アメリカの恋愛ドラマと言えば、この人の作品でしょ~。
    ってな具合に超有名なダニエルよね。
    ハーレクインよりはサバサバしてて、
    お互いの一途な愛に何か障害があって、それを乗り越え結ばれる。
    っていうストーリーが多いようなきがする。

    今回の本は、原題『Silent Honor』。
    アメリカに留学に来てたヒロコが、WWⅡに巻き込まれるストーリー。
    日系人がWWⅡで苦労したのは知ってたけど、
    どんなだったかは全然知らなかったのよね。
    こうやって、アメリカの視点から見た日本の話って初めてだったので
    とっても良い勉強になったわ。

    しかも、、、この話、ちょっと脚色してるけど実話を基にして
    書かれてあるので、しみじみと読ませてもらいました~。
    やっぱりね、自分と照らし合わせて読んでしまうのよね。

    時代が違うから、私なんかはほんとに幸せに暮らしてるけど
    一昔前にに生まれてたら、ヒロコのような環境にいたのかもしれないと思うと
    私も、ヒロコのように強くならないといけないわ。
    って思うのよ~。

    とっても良い勉強になった本でした。

  • 気が進まぬまま米国へ留学した日本人少女を待ち受けていたものは?世界に吹き荒れた侵略の嵐。憎しみと疑心暗鬼は日米関係をついに戦争にまで追い込んでしまった。戦慄と仰天のストーリーが展開する中、すべての日本人が知らなくてはいけない、米国における日系人強制収容所の実態が明らかになる。家屋敷、家財道具、店、事業、農業、信用、何十年とかけて築き上げたもののすべてを投げ出さなければならなかった十余万の日系人たち。日米決戦の激流に翻弄される大和なでしこ一人。米国一の人気女流作家が愛を込めて書く日本人賛歌。

全4件中 1 - 4件を表示

ダニエル・スティールの作品

ツイートする
×