小説 ドラゴンクエスト〈上〉 (エニックス文庫)

著者 : 高屋敷英夫
  • エニックス (1991年10月発売)
3.34
  • (4)
  • (6)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900527744

小説 ドラゴンクエスト〈上〉 (エニックス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シナリオとか、ゲームにないオリジナルキャラは面白いけど、心理描写が足りなくて物足りないです。でも、再読すると1000年魔女は切ない。ガルチラも良いけど、実は魔界童子が好きでした。ロトの血を引く勇者の伝説……。きっとキリストの生誕を意識しているのでしょうね。

  • 脚本家として名高い高屋敷氏が小説を、挿絵をいのまた氏がされています。
    高屋敷氏の脚本家としての技量が良くも悪くも発揮された一冊です。世界設定や旅の様子、竜王とその配下の敵勢力、勇者の同伴者となるオリジナルキャラクターのガルドと囚われの姫君ローラ、そして若き勇者。ゲームでは考えられぬボリュームを絶妙なバランスで綴っています。
    惜しむ所は文章が小説より脚本に寄ってしまっている所でしょうか。キャラクターの感情移入は少々難しい所がありますが、抵抗無く読めてしまう事でしょう。
    挿絵のいのまた氏の絵が、ゲームから遠い小説という舞台である故に抵抗無く見る事が出来ます。ゲームとは違った優美な絵で描かれたローラ姫は非常に美しいです。下巻巻末には主要キャラクターの設定画が付いています。

  • 旅にかかる日数とか携帯食とか、きっちり設定されててびっくりです。

  • 上下巻。

全4件中 1 - 4件を表示

高屋敷英夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする