北海道 化石としての時刻表

著者 :
制作 : 井上 哲 
  • 亜璃西社
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900541795

作品紹介・あらすじ

過去の鉄道時刻表を紐解く――それは、時間と空間を越える旅。
北海道の時刻表を“化石”に見立て、その鉄路と社会の変遷を過去のダイヤグラムから辿る――。
鉄道と北海道の歴史にまつわるエピソードを軸に、紀行あり、薀蓄あり、感動ありで
時刻表の魅力を余すことなく紹介した、古風な文体と若き感性で綴る時刻表讃歌!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1985年生まれの大学院生が書いたこの本。単なる時刻表マニアではない、若いが正確な歴史認識と想像力を兼ね備えた人物による、北海道の鉄道史。
    本人が八戸出身で大学が札幌であったことから、本の最初の章が「津軽海峡越境」で始まるのも嬉しい。文中で触れられるエピソードがまた面白い

    ・最初の北海道:本州の鉄道連絡船が、実は室蘭・青森間に始まったこと。
    明治37年頃にはまだ札幌からの鉄道は室蘭停まり。函館本線の開通までは、鉄道連絡船は室蘭:青森(途中で函館にも寄航)であった。

    ・太平洋戦争中は、軍事機密となった連絡船の運行時刻が時刻表から消えた。
    函館山は明治以降、全山軍事要塞だったので、立ち入りはおろか、詳細の地形図作成も禁じられていた。戦時中は連絡船も「爆撃」の恐れありで、時刻表は掲載不可。著者は東北線・函館線の列車の連絡から、幻の「連絡船」時刻表を推理しているが。

    ・函館始発の超長距離鈍行列車が大正12年、函館・根室間に存在。運行時間なんと29時間!


    などなど、鉄道フリークならずとも楽しくなるような、貴重な話題が満載。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九八五年、青森県八戸市生まれ。八戸線の沿線に育ち、幼少時より鉄道に親しむ。現在は、北の大地を時刻表片手に旅する毎日。二○○九年三月、北海道大学大学院理学院修了予定。

「2009年 『北海道 化石としての時刻表』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北海道 化石としての時刻表のその他の作品

柾谷洋平の作品

北海道 化石としての時刻表を本棚に登録しているひと

ツイートする