ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

  • ヴォイス
4.07
  • (222)
  • (161)
  • (144)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 1689
レビュー : 186
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900550131

作品紹介・あらすじ

これほどシンプルでこれほど本質的な生き方が他にあるだろうか。すべての人にある「自分がワクワクすること」。そこには、あなたの人生を劇的に活性化させる「奇蹟の力」が宿っている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この著書の言いたいことは、一言です。
    「自分の中にある、ワクワクを追求しよう」です。

    私もそうなのですが、特に仕事の面で、自分がしたくないことをするために、自分で無理矢理やる気を出していました。
    長続きするわけがありません。そんなことをしていたら、カラダも心もいずれボロボロになります。
    その状態が、私は長い間、続いていました。その状態から、今は抜け出すことが出来ました。

    仕事は、辞めていません。ただ、意識が明らかに、変わりました。
    私の場合、この「ソース」を読んで以下のことを実行しています。

    ①自分のワクワクの根源を探るようにする
    ②ワクワクすることが、出てきたら、それをエクセルシートに入力して、開始日を書きます。
    ③そして、自分がしている小さな行動を書いています。

    この①~③を繰り返しています。
    そうすると、あら不思議、心が前向きになり、以前から、感じていた「嫌な気分」を払拭することが出来ました。
    あれをした方がいい、これをした方が効率が上がる、目標を見つけようなどの、テクニカルな内容とは違い、
    この本は、根本治療ができる内容だと思います。

    今年読んだ本の中では、ダントツの1番に入る著作です。

  • 凄い本だ!最初から最後まで自分にハマり過ぎな本だ!

  • ワクワクすることを優先順位を付けずにやれ!
    ということを主張している本。

    ナポレオン・ヒルを始めとする多くの自己啓発書が、
    「目標を決めてすぐに実行せよ」と主張しているのに対し、
    この本ではワクワクすることを優先順位を決めず、
    方針だけ決めて、先延ばしにして考えよと説いている。
    雇用や家庭が不安定化している現在、
    確かに人生にはこのような思考法が必要であり、
    リストラという言葉が聞かれ始めた時期に、
    不安定だったが楽しい人生を送った著者が書いた
    この本は必読の書では無いだろうか。

  • 僕にとって、人生を変えた本の一つです。人生が盲目的だった自分にとって、新しい可能性を与えてくれました。
    ワクワクすることで成功するという新しい概念でした。

  • 自分のワクワクってなんだろ。
    そこから探す一歩を踏み出すか。

  • 大学の教育学修士の方が書かれた本ということがびっくりした。日本で教育学を修めた人がこのような活動をすることがあるだろうか!。
    自分が好きなことをして毎日を過ごすという単純ながら、幸せに直結することを真正面から真摯に取り組んでいると思う。あまりにも単純でストレートな試み、それでもって実行するのが困難であろう試みを実直に試行錯誤していることに心を奪われた。
    好きなことをしているとき、あなたは一番リラックスしているというのは心に残った。また読み返したい本。

  • "ワクワクすることは全部、同時にやれ"。自分のワクワクすることを書き出して見るだけでワクワクしました

  • すべての人に読んでいただきたい本。自分を動かすのは自分の『ワクワク』である。その『ワクワク』に従って行動することは、人生を幸福にする。当たり前のことを言っているが、仕事で忙しい中でなかなか実行に移せずできていないことでもある。そもそも、自分の『ワクワク』に向き合ったことのある人がどれだけいるだろうか。自分がこれまで『ワクワク』したこと、今現在『ワクワク』しながらやっていること、いつかやってみたい『ワクワク』するであろうこと、すべてをやることが人生にとって重要であると本書は語っている。どれか一つではダメだ、その実行されていない『ワクワク』が腐って行き、他も台無しにする。すべての『ワクワク』を行動に移す。少しでも良いから、すぐに行動に移す。読んでいて、読み終ったらこれをしようとか、これを調べてみようとか、なんだか色々なことが頭を駆け巡る。私、齢26にして本書に出会えて良かった。物事の転換期には是非とも読んでみていただきたい。仕事がすべてになりがちな今の世の中に、必要な考え方だと思う。一本のスポークの調子が悪かろうが、別のスポークが生き生きとしていれば、そのスポークもしだいに元気になる。人生一度きり、やりたいこと全部やろう!

    2019/01/06
    久しぶりに読んでみての追記。
    「私達が個人としても社会としても豊かになるためには、プライベートな生活と境界がなくなるほどの楽しい仕事をし、精神的な満足感を成功の基準とし、無条件に人や社会に与え、右脳を活用して直感に従った生き方をしたほうが良い。」
    本当にそう!
    「自分が本当に望んでいることが本質レベルで自覚できると、選択肢が増え、実現の可能性が飛躍します。自分の夢が何かを得る手段なのか、「こうありたい」という自分の姿を求める本質的なものか、検討してみましょう。」
    本質に落とし込むことで、実現の形が変えられるのです。これまた大事なことですね。やりたいことの何がやりたいことと思わせているのか、それを見極めるのです!

  • 自分自身がワクワクすることが自分自身にとっても最も良いことだ。 感情の指針が示してくれるようにそのワクワクに沿って行動することによって成功に導かれる。

  • 自分の人生のワクワクを発見した後、全てを同時実行し同じ情熱をかたむけながら、人生を歩んでいくこと。その素晴らしさについて書いた本です。

    バランスをとることの大切さも語っていて、米国らしい本とも言えるのかもしれません。

    自分としてはミッションステイトメントを再確認することに役立ちました。今までのステイトメントはどちらかというと戒め。自分を律する為のものでした。でもこれは違う。ワクワクがそれに加わり、楽しくなってきたことが実感できます。

    すごくオススメです。

全186件中 1 - 10件を表示

マイク・マクマナスの作品

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。を本棚に登録しているひと

ツイートする
×