マヤン・カレンダー―13の月の暦

著者 :
  • ヴォイス
3.39
  • (4)
  • (3)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900550858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1997年、東京「世界時間会議」のホゼ博士夫妻のレクチャーを受ける。
    「13の月の暦」を、身近な人達に伝えてほしい!と博士夫妻に頼まれたので、それ以降、現在も「ドリーム・スペル」を紹介している。

  • イマイチよくわかんないんだけど
    なんとなくそーゆうことなのかぁと思って
    知りたい日を読むのは楽しかも〜♪

  • マヤではなくマヤン?「マヤの」という意味なのかな。それじゃあマヤのカレンダーについて書かれているんだ。13ヶ月・28日?えっ、なんだ、この記号、いやハンコのようなものは。紋章だって?なにかの秘密かな。考古学の本?いや、違う。宇宙に銀河・・・太陽って天文学の本か。ちょっと待てよ、類似の関係、神秘の関係について解説があるぞ。相性占いの本か。まあよくわからないけど(というかわからないから)買って帰ろうっと。
     
    買った本当の理由は、目に飛び込んできたの詩のような言葉が、気になって仕方なかったから。それが私の銀河の署名だったとは。自分が生れた日は「赤い水晶の空歩く者」。小さな秘密と誇りとが芽生えた。

    結局、この本はどんな内容なの?と。実は、この本は時間と向き合うための道具であり鍵です。毎日活用して生活に取り入れて、時間を意識してみる。そうすることで初めて姿を現す知恵へ導く鍵なのです。この叡智に触れるためには、読むこと、実践することが必要です。そうすれば、初めて書店で手にした時に感じた印象のすべてがこの本に含まれていることに気づくでしょう。

    • RONさん
      juneさん、レビュー素晴らしいです。RON
      「新しい時間」への誘導を上手く表現できていると思います。ホゼ博士も喜んでくれることでしょう!
      juneさん、レビュー素晴らしいです。RON
      「新しい時間」への誘導を上手く表現できていると思います。ホゼ博士も喜んでくれることでしょう!
      2010/10/19
全3件中 1 - 3件を表示

高橋徹の作品

ツイートする