京都うたものがたり

著者 :
  • ウェッジ
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900594708

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歌人の水原紫苑による京都紀行。いずれも、いにしえの歌人と、その人にまつわる謡曲をよすがとした11のテーマ性のある旅。和泉式部、小野小町にはじまり、最後は『源氏物語』の「宇治十帖」で幕を閉じる。古歌もゆかしいが、水原紫苑の歌もしっとりとした潤いを帯びている。そうしたスタイルの全体は馬場あき子のエッセイを思わせるもの。ただ、各篇前半の紀行及び謡曲への導入は古雅な趣きがあっていいのだが、シテ(西行はワキだが)が現れてからのくだりは幻想的というよりは、やや通俗的な感じがしないでもない。個性といえばそうなのか。

  • 土地と人と思いの結びつきの記憶と再生。京都を訪ねる前にはぜひ。

  • うたの解説にあわせて物語が綴られています。京都のはんなりとした空気が伝わって来るようで、大好きです。写真もステキ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九五九年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。八六年より春日井建に師事、師の没後は単独で活動。八九年第一歌集『びあんか』(雁書館)により第三四回現代歌人協会賞受賞。『客人(まらうど)』で第一回駿河梅花文学賞受賞、『くわんおん(観音)』で第一〇回河野愛子賞、『あかるたへ』(以上、河出書房新社)で第五回山本健吉賞・第一〇回若山牧水賞受賞。二〇一七年「極光」三〇首で短歌研究賞を受賞。一八年『えぴすとれー』で第二八回紫式部文学賞、二一年『如何なる花束にも無き花を』(以上、本阿弥書店)で第六二回毎日芸術賞受賞。散文集に、『あくがれ――わが和泉式部』(ウェッジ選書)、『改訂 桜は本当に美しいのか』(平凡社ライブラリー)。ムック『水原紫苑の世界』(深夜叢書社)など。

「2021年 『百人一首 うたものがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水原紫苑の作品

ツイートする
×