映画と写真は都市をどう描いたか (ウェッジ選書)

著者 : 高橋世織
  • ウェッジ (2007年3月1日発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 18人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900594883

映画と写真は都市をどう描いたか (ウェッジ選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  発売されたばかりのウェッジ選書中の一冊『映画と写真は都市をどう描いたか』。黒沢清、蓮實重彦、深川雅文、篠田正浩、港千尋、飯沢耕太郎、常石史子など、錚々たるメンツが執筆陣に名を連ねた一冊であるが、おのおのの半分以下のポテンシャルしか発揮していない小文がひたすら並ぶ。普段映画に親しんでいないタイプの教養人向け、という印象。

     だが、そうした本書にあって、吉増剛造の『パランプセストの都市』のみがひときわ孤高の光を放っている。流石である。

全1件中 1 - 1件を表示

高橋世織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする