あ、おいしい。―発表します。家庭料理の、ベスト107皿 (オレンジページブックス)

著者 :
  • オレンジページ
3.74
  • (13)
  • (3)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900808935

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほとんど料理をしなかった私がたいへんに活用したレシピ本。本当に作りやすく、凝った材料や調味料もあまりないので現実的で作りやすい。和風料理の項を一番よく開く。「なすの田舎煮」「白菜と豚肉の蒸し煮」は我が家の定番料理。

  • 今のところ、私のベスト料理本が「わ、かんたん。」とセットでこれ。
    一冊に数種類実際に作りたいレシピが載っていれば買いだと思う私ですが、この本には大変お世話になっており、セットでボロボロです!
    妹にも嫁入り道具と一緒に持たせたぐらいにお気に入り。
    購入して随分経ちますが、未だに本棚から引っ張り出しては参考にしています。

  • 「わ!かんたん。」とあわせもったら百人力!読み物としても楽しい。

  • この本に載ってる麻婆豆腐がうまくって、よく作ります。

  • 料理本で1冊選ぶなら絶対この本。内容が簡潔で、作ってみて「あ、おいしい」。味付けが素朴で上品。表紙のようにシンプル。姉妹本「わ、かんたん」とともに、手順の簡単なものからおもてなし料理までカバーできるところも高評価。特にお勧めなBEST3!・鶏だんごのうま煮・煮やっこ・なすの田舎煮 …煮物が3つ並んだ…

  • ビンボーDeli.の著者、川津 幸子さんの著書です。シンプルな表紙に惹かれます。

  • 図書館で借りてみてお役立ちだったので買った、写真のきれいな料理の本。
    簡単でおいしいので、いくつもの料理に挑戦し、今では定番になっているものも多々あり。
    これまでに・・・ポキ丼、ポークソテーしょうゆバターソース、ラタトゥイユ、さけふりかけ、豚バラ肉と新じゃがの煮物、肉豆腐、さけと大根のうま煮、白菜と豚肉の蒸し煮、筑前煮、ひじきの煮物、じゃこ入り切り干し大根の煮物、煮やっこ、白菜とさつま揚げの煮物、きんぴらごぼう、れんこんのきんぴら、ほうれん草のごまあえ、アンチョビポテト、牛肉とレタスのオイスターソース炒め、オイスターソース焼きそば、ぶりの鍋照り焼き、東坡肉(トンポウロウ)などを作ってみた。

    肉豆腐、白菜と豚肉の蒸し煮、ひじきの煮物、じゃこ入り切り干し大根の煮物、きんぴらごぼうは、我が家の定番に仲間入り。さけふりかけは鮭が残ったときに便利。

    簡単でおいしい家庭のおそうざいがたくさん載っている。
    作り方のコツも書いてあって、私はこの本の味が好き。

    眺めているだけでも楽しい本。

  • 川津先生ステキ!
    家庭料理の本。

  • この本は、本当に簡単なレシピが多く、食材も用意しやすい物ばかりなので重宝する本です。
    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900808938/noahgarden-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4900808938.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900808938/noahgarden-22" target="_blank">あ、おいしい。―発表します。家庭料理の、ベスト107皿</a></div><div class="booklog-pub">川津 幸子 / オレンジページ(1998/12)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:17,865位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br><div class="booklog-review" style="margin-top:6px; padding-left:3px;"><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">初めて出会いました!<br><img src="http://booklog.jp/img/4.gif" align="absmiddle">日常が楽しくなる本<br><img src="http://booklog.jp/img/3.gif" align="absmiddle">無念<br></div></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4900808938/noahgarden-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4900808938/via=noah_ad" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 川津幸子さんのレシピは私の性に合っています。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川津幸子(かわつ・ゆきこ)
料理編集者、料理研究家。
早稲田大学在学中に料理編集者を志す。卒業後、ファミリーサークル、世界文化社を経て、1985年『オレンジページ』の創刊に料理部門のチーフとして参加、2年後にフリーに。1988年には一時仕事を離れ、充電もかねて1年間ニューヨークに暮らす。帰国後、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)、山本麗子さんの『101の幸福なレシピ』(講談社)などのヒット作をてがける。1995年再び休職し、エコールキュリエール国立(現・エコール辻)でフランス料理を学ぶ。その後、自ら料理して、その楽しさを伝えたいと思うようになり、『100文字レシピ』など簡単でおいしい料理を提案。一方で、生来の食いしん坊ゆえに生まれた世界のおいしい料理を紹介して、料理好きの支持を得ている。「100文字レシピ」シリーズ、「ビンボー Deli」「ごはんよ、急げ!」「川津さんちのおうちごはんのレシピとヒント 204」「そろそろ大人のおいしい暮らし」「あの味が自分でできる くいしんぼレシピ」など著書多数。


「2014年 『これであなたもひとりごはんのベテラン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川津幸子の作品

ツイートする