帰ってきた笑うナース

著者 :
  • いそっぷ社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900963627

作品紹介・あらすじ

今回は、自宅におじゃまする訪問ナース。フロ嫌いからバリバリ認知まで、人生経験だけ(!?)豊富なジイさんバアさんと、笑いのかけひきを繰り広げます!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろい(≧∇≦)ノ ハーイ♪

  • 訪問看護ってこういう感じなんだぁ。って、面白おかしく伝わりました。

  • 「笑うナース」も面白かったが、これは作者が年齢と経験を重ねた分、しみじみした味わいがあって良かった。

    十数年ぶりにナースとして復帰した、訪問看護の現場でのことが描かれている。「利用者さん」(「患者さん」とは呼ばないそうだ)は高齢の人がほとんどで、からっと描かれてはいるが、なかなかハードなエピソード揃い。それでも、作者の明るい人の良さが伝わってきて、重い読後感にならない所がとてもいい。

    それにつけても、看護師さんって、専門職としてもっと敬意を払われるべきだなあとつくづく思う。医療や教育に携わる人をサービス提供者みたいに扱うことは、現場を疲弊させて、結局誰にとってもマイナスにしかならないのになあ。いろいろあるけど日々頑張るナースの皆さんを応援したくなる。

  • 「訪問している間は、そのお宅のルールに従う。それが訪問看護師なのだ。」「一人で利用者さんのところに行く不安や緊張も、ステーションに帰ると仲間がいる、と思うと気持ちが楽になる、そして、また頑張ろうと思えるのだ。」その通りです。

  • N049

全5件中 1 - 5件を表示

岸香里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする