よみがえるケイブンシャの大百科

著者 :
  • いそっぷ社
3.69
  • (4)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900963641

作品紹介・あらすじ

ウルトラマン、仮面ライダー、999、宇宙戦艦ヤマト、機動戦士ガンダム、アイドル、プロ野球、ファミコン、心霊写真、戦隊もの、鉄道…ぼくらの好きなものが全部詰まっていた、あの分厚い豆本シリーズ。いつの間にか消えてしまった「元祖サブカル」がここに復活!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  • 70~80年代は自分の世代より前だからあまり見馴染みはないけど、カタログ的に読むだけでも面白い。この本を見せたら母が『怪獣怪人大全集1 ゴジラ』を実家から引っ張り出してきて驚いた。

  • 久々に購入したネタ系の本。
    我々の年代であれば、誰もが10冊以上は所持した覚えが
    あるだろう。あのケイブンシャの大百科シリーズを特集した
    単行本である。

    収録されている大百科は昭和期に発売されたNo.1「全怪獣
    怪人大百科」からNo.350(!)の「仮面ライダーBLACK RX
    大百科」まで。ナンバーが350だから350冊、というワケで
    はなく、上の全怪獣怪人とか「プロ野球大百科」などの人気
    企画は年度更新されているため、合計で何冊になるか解らな
    いのが凄い。

    基本はナンバーシリーズ全冊の表紙のみを掲載したカタログ
    形式の本なのだが、「世界の怪獣大百科」とか「忍者・忍法
    大百科」、「プロレス大百科Part2」あたりの、間違い無く
    持ってた覚えのある本に詳細解説が付いてたのが良。
    いや、懐かしいや、コレは。

    とにかく編者の大百科シリーズに対する愛に溢れた書籍で、
    ずら〜っと並ぶ表紙を見ているだけでヘンな笑みが溢れてく
    る(^^;)。そうなってくるとだ、今からこの大百科シリーズを
    コンプリートしたい!とか思っちゃうから厄介。

    Amazonでちょっと調べたら、また微妙な価格で入手出来そ
    うなモノ多々(^^;)。コレはマジでヤバい(^^;)。
    絶対に手を出さないよう、自制しなければ(^^;)。

    ちなみに続編として平成期発売分を特集した完結編もある模様。
    ・・・こっちは特に読む必要無いな、この頃には大百科買ってな
    いから(^^;)。そしてケイブンシャって倒産してたのね・・・。
    全然知らなかった、うん。

  • 烏兎の庭 第五部 書評 10.11.15
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto05/bunsho/dai.html

  • ケイブンシャの大百科には、スーパーカーブームのときにとてもお世話になりました。

  • 男子がよく持っていました。どの子のもボロボロでした。この手の本は、見た目が大雑把なのが嫌で一切読まなかったのですが、内容は丁寧だったんですね。

  • 小学生の頃、何冊か読みました。表紙がズラズラと並んでいて、それぞれに短いコメントが書いてあるという構成は、まさに、大百科的でした。

    編者などへのインタビューも、当時の雰囲気が伝わってきます。

  • 松っちゃんのグランドチャンピオンとか綾辻先生のAnotherとかちらっと出てくる。
    「恐怖スリラー大百科」気になるわあ~。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1957年、東京の葛飾柴又生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、勁文社に入社、『全怪獣怪人大百科』などの編集にたずさわる。84年フリー。個人のサブカルおもちゃ収集では(たぶん)日本一。『キイハンター』『燃えよドラゴン』『がきデカ』など青春時代をいろどったテレビドラマや映画、マンガの思い出を豊富な図版入りで紹介した『ぼくらの60〜70年代熱中記』、70〜80年代に一世を風靡した豆本シリーズを振りかえる『よみがえるケイブンシャの大百科』(ともにいそっぷ社)などの著書がある。

「2021年 『ぼくらの60〜70年代宝箱 増補版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒沢哲哉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×