柄谷行人と韓国文学

  • インスクリプト
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900997684

作品紹介・あらすじ

韓国に翻訳紹介されるや大きな衝撃を与えた柄谷行人の「近代文学の終り」。理念的優越性を失った文学に終焉を告げた「近代文学の終り」は、その再生産に携わる者たち──文壇、大学、版元からなる文学システム──にさまざまな反撥とすれ違いを生んだ。本書は、創作と批評、教育と出版を取り巻く文学生産システムを俎上に載せ、文学の真の敵を撃つ果敢な文芸批評であり、また1980年代以来の、柄谷行人の韓国文学との交通・交流を丹念に調べあげつつ展開される優れた柄谷行人論です。

著者プロフィール

ジョ・ヨンイル(曺泳日 Cho young-il)

1973年生まれ。文芸評論家。著書に本書の他『韓国文学とその敵』『世界文学の構造』『職業としての文学』など

「2019年 『柄谷行人と韓国文学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柄谷行人と韓国文学を本棚に登録しているひと

ツイートする