それでも僕は生きてゆく―正常な人ほど自殺を考える

著者 :
  • アートヴィレッジ
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901053921

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公は自殺をしようとしている青年・健太。18歳2ヶ月。生きる意味を見失っていた。
    最期を迎えるべく辿り着いた思い出の地で、健太は優しい声(のちに「月」だとわかる)に導かれて不思議な旅に出ることになる。何度か夢で会ったことのある僧・風と悲しい唄を歌う美しいメスのオオカミ、ソクラテスやプラトンと出会い、彼らとの問答を通して健太は生きる意味を模索する。模索する気力が出てきたとも言えるかもしれない。

    健太が生を選びとるラストより、其処に行きつくまでの苦悩する姿に感動を覚えた。

全1件中 1 - 1件を表示

それでも僕は生きてゆく―正常な人ほど自殺を考えるのその他の作品

野田啓介の作品

それでも僕は生きてゆく―正常な人ほど自殺を考えるを本棚に登録しているひと

ツイートする