空から兵隊がふってきた

制作 : Ben Rice  清水 由貴子 
  • アーティストハウスパブリッシャーズ
3.25
  • (5)
  • (5)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901142953

作品紹介・あらすじ

あたし、ライダー・ジャーヴィス。ショートカットの女の子。いつも男の子とまちがえられる。母さんとアイリーン姉さんと3人暮らし。父さんは母さんとけんかして家を出ていっちゃった。ある日、家の上の大きな空にピンクのパラシュートが現われた。びっくりしていたら、15人の兵隊がつぎつぎとうちの庭に降りてきて…。きらきらした子供の視点から描かれる、ある日突然の出来事。母娘3人は兵隊たちとの短い日々を通じて、人生でほんとうに大切なものに気づく。サマセット・モーム賞を受賞したベン・ライスが贈る、人間の本質を鋭くとらえたシュールなファンタジイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  母親と小さな娘2人の家庭。
     父親は母親とけんかし、家を出て行ってしまった。
     そんな田舎の家の庭先に15人もの兵士がパラシュートを使って降ってきた。
     そしてどうなるか……。
     本の表紙を見ると童話なのかな、とも思える。
     本の裏表紙の簡単な解説を読むと寓話なのかな、とも思える。
     活字は大き目で100頁にも満たない短さは子供向きの書籍なのかあ、とも思える。
     いろんなことが「思える」のだが、実はどれも違っている。
     初めて読む人にとっては、「え? こんな展開? こんなラスト?」って思わせること間違いないだろう。
     ネタばれになるので詳しくは書けないけれど、少なくとも童話でもないし、寓話とも思えないし、子供向きではない。
     あとがきに「なんともいえない読後の爽快感」とか「新しい人生に向けて~」とか書いてあるけれど、まったくもってそんな感想は抱けなかった。
    「人生でほんとうに大切なものに気づく」とあるが、「おいおい……皮肉か?」としか思えなかった。
     あくまでも個人的な感想としては、何か勘違いしたままに書かれてしまった作品だとしか思えなかった。

  • ファンタジー…なのか?
    帯によると、”人生で本当に大切なもの”を見つける物語らしいですが、自分には理解できなかった。
    不思議な設定で、非日常を味わう魅力があるのは確か。

  • ■書名

    書名:空から兵隊がふってきた
    著者:ベン ライス

    ■概要

    あたし、ライダー・ジャーヴィス。ショートカットの女の子。いつ
    も男の子とまちがえられる。母さんとアイリーン姉さんと3人暮らし。
    父さんは母さんとけんかして家を出ていっちゃった。ある日、家の
    上の大きな空にピンクのパラシュートが現われた。びっくりしてい
    たら、15人の兵隊がつぎつぎとうちの庭に降りてきて…。きらきら
    した子供の視点から描かれる、ある日突然の出来事。母娘3人は兵隊
    たちとの短い日々を通じて、人生でほんとうに大切なものに気づく。
    サマセット・モーム賞を受賞したベン・ライスが贈る、人間の本質
    を鋭くとらえたシュールなファンタジイ。
    (From amazon)

    ■感想

    まず、概要が過大広告です。
    これは、別に人生で本当に大切なものに気付いていません。
    (少なくとも、そんな記載は皆無です。)

    これで、人生に大切なものに気付くと、よく吹けたものです。
    このキャッチコピーをつけた人のセンスは、悪い意味で凄いと思い
    ます。才能のかけらも無い気がします。

    本作は、現実なんだけど、現実ではないファンタジーです。
    穏やかに暮らしている家族3人の前に、15人の登場人物がいきなり
    空から現れます。しかも、それらの人間の目的、素性は物語の中で
    一切語られず、全て読者の想像にゆだねられています。
    ここまで、何も語らないと、逆に清々しいです。

    このお話は変な話ですが、最後に妙な爽快感があります。
    これは恐らく、母親の性格(変わり身の早さ)のせいだと思います。
    最後の事件前後で、母親が態度を変え、かつ、平常心を保ちながら
    事後には、すぐに次の景色を見ているという、あまりにもサバサバ
    していながら、憎めないキャラクターのせいでしょう。

    ただし、これが「人生に大切な物」かは甚だ疑問ですが・・・

    人によっては面白いのかもしれませんが、私はあまり面白くあり
    ませんでした。

  • なんともいえない終わり方です

    でも何回も読み返してしまう一冊です

  • 不思議な話。もう一回読む。

  • ベン・ライスの文+酒井駒子さんの表紙=おもしろい
    の方程式が私の頭の中で仮定から普遍な方程式へと変わった作品。
    ポビーとディンガン同様、いろんなものを密かに含むストーリー。けれども、お話全体は何故かとてもかわいらしい雰囲気を持っているので優しく受け止めることができるというか。
    何回でも繰り返し読み込みたい作品。

  • 表紙にダマされてかわいい物語だと思って読むとイタイ目にあいます。怖い!すっごく怖い!

  • 父親が蒸発した親子が、強くたくましく生きていく話なのでしょうか。<br>
    何か怖かったです、いろいろと。

  •  素敵。

全11件中 1 - 10件を表示

ベン・ライスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする