醤油鯛

著者 :
  • アストラ
3.68
  • (3)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :94
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901203500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <世の中の、いやお弁当の片隅で、そっと出番を待っている小さい魚>

    日本人ならばおそらく誰しも知っているだろう。魚型の小さな調味料容器を。著者はこれを「醤油鯛」と呼んでいる。長期に渡ってこの醤油鯛を蒐集し、そして分類し、命名しててみた、という絶妙にニッチ感あふれる1冊である。

    一見して学術書かと思うような作りである。それもそのはず、著者の本業はオトシブミなどの多様性の研究。兵庫県立人と自然の博物館の研究員である。
    目次に続くのは醤油鯛の外観と各部名称。醤油鯛成立や進化に関する考察、外形や各部の観察、そして図鑑と続く。図鑑には、実寸大の写真の横に線描までついている。巻末には、工場見学のおまけつき。
    コレクションは元々は著者の妹の趣味から始まり、挙句、自分がはまってしまい、さまざまな人の協力を得て、日本各地から集めたもの。図鑑の<説明>の部に、形状の細かい説明に加えて、いつ頃、どこで得られたものかが書き添えられている。

    本文やコラムのオタクさ加減にくすりと笑える。万人受けする笑いのセンスとはちょっといえないが、いささかなりともオタク要素のある人には、そこそこおもしろい1冊だと思われる。
    まじめに取り組んでるのに醤油鯛。そのギャップの楽しさである。

    残念なことに醤油鯛はフィルム式のパックに押されており、数が減ってきているのだという。それでもちょっと高級感を出したい場合や、身動きが取りにくい飛行機の中など、需要はあるのだという。海外でも意外にウケがよいらしい。
    ニッチで生き残れ! 醤油鯛!!

    • ぽんきちさん
      すずめさん
      形質各論やコラムが結構笑えました(^^)。
      ご縁があったら手に取ってみて下さいね。
      2012/11/25
    • bokemaruさん
      この方、テレビで取材されているのを観ました!
      本を出されてたんですね~。
      ちょっと見てみたいかも…。
      2012/11/26
    • ぽんきちさん
      bokemaruさん
      テレビに出ていたのですね。どんな感じの人なんだろう。見てみたかったです~。
      本は楽しい本でした。機会があったらぜひ。
      2012/11/26
  • 醤油鯛について語った本。
    たまたま、見ていたTVで面白そうだったので立ち読み。

    何かを、集めたりコレクションするのは凄いと改めて感じた。

    自分だけの道を進む…みたいな感じ?

  • これは素晴らしい,こんな馬鹿馬鹿しいことを,真面目に過ぎる,凄いの一言である。
    最初に「量産された合成樹脂製の液体調味料容器で,全体で魚の形を模したもの」と定義するところから始まっている,“図鑑”たろうとするその姿勢は,蒐集した「醤油鯛」を生物学的分類に模して分類されるまでに至る。それも蒐集者である著者がヒトハクに勤める研究者(オトシブミおよびチョッキリの多様性)たるゆえんだろう,故に実に馬鹿馬鹿しい大真面目さがとても面白い。
    Ⅰ.ナミショウユダイ科
     A.コガシラショウユダイ属
     B.ニセコガシラショウユダイ属
     C.ニセハラブトショウユダイ属
     D.ハラブトショウユダイ属
     E.エラヒレショウユダイ属
     F.オヨギショウユダイ属
     G.ヒシガタショウユダイ属
     H.ダエンショウユダイ属
     I.ヒラタショウユダイ属
     J.ノボリショウユダイ属
     K.チビショウユダイ属
     L.オオショウユダイ属
    Ⅱ.カザリショウユダイ科
     M.トモエショウユザイ属
    Ⅲ.アユガタショウユダイ科
     N.ナガショウユダイ属
    Ⅳ.コイガタショウユダイ科
     O.ツツショウユダイ属
     P.フトショウユダイ属
     Q.ヒメショウユダイ属
    Ⅴ.オニショウユダイ科
     R.オオオニショウユダイ属
     S.フトヒレショウユダイ属
     T.シリビレショウユダイ属
    Ⅵ.フクロショウユダイ科
     U.ダルマショウユダイ属
    以上6科21属76種が収録されている,なかなか貴重な大図鑑である。

  • あまりに真面目に書きすぎている(笑)

    醤油鯛の研究本だとしたら、日本で唯一の貴重な資料だろう。
    ギャグ本にしては、笑いどころが無いに等しい。
    いわゆる生物学パロディ系。
    アフターマンとか、幻獣標本箱の類に似ている。
    この手の本は、大抵つまらないものを読んでしまった。。となるんですが、何故か手に取りたくなる魔力があるんです。

  • 【新着図書】リクエストがあった本です。図書館においてほしい本は、MyLibraryからリクエストできますよ。MyLibrary → https://lib.s.kaiyodai.ac.jp/myopac/

    http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=TB10075838&key=B145196552412164&start=1&srmode=0

  • 以前、深夜ラジオで紹介されていた本。
    その後「マツコの知らない世界」でも紹介。
    面白半分で読んでみたのですが、大変真面目に書かれていて勉強になりました。

  • 蒐集家によるマニアック本なのに大変身近なネタなので興味深く読める。"全体が魚の形を呈する量産合成樹脂製液体調味料瓶"という定義から始まって,形態によって科属種へ大真面目に分類していく。新種もまだまだあるだろうとのこと。
    ほんとの生物の分類学との相違もきちんと考察されているのはさすが。「尾鰭を持ってキャップを回せば飛び散らない」という利点をもちつつも無味乾燥な袋に駆逐されがちな醤油鯛。その可愛いらしさと奥深さが多くの人に伝わる良本。

  • 資料ID: W0170183
    分類記号: 578||Sa 93
    配架場所: 本館1F電動書架C

  • 弁当などに付いている魚の形をした醤油入れ(醤油鯛)についての本。筆者の専門が生物学ということもあって、巻末に76種の図鑑が付してある。

  • お弁当やお寿司の折詰に付いてる魚の形の醤油入れ。それを「醤油鯛」と名付け、生物学的に分類した図鑑的な本。詳細なようでいて大雑把、大雑把なようでいて意外に専門的。大真面目に収集、分類、考察している著者にある意味脱帽。今度“醤油鯛”を目にしたら、じっくり観察してみたくなった。

全14件中 1 - 10件を表示

沢田佳久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トレヴァー・ノー...
今和泉 隆行
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする