勝利者―一流主義が人を育てる勝つためのマネジメント

  • アカリFCB万来舎
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901221061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、弱小のアメフトクラブチーム(レベルの低い関西リーグで万年最下位)をわずか三年で日本一にさせた人の回顧録である。著者鈴木がアサヒビール会長樋口廣太郎からそのチームを預かったとき、このチームは、個々人のレベルは低くないにもかかわらず毎年一度も勝てない状況であった。鈴木はメンバー人一人と面談し、このチームの弱さを見抜く。原因は気持ち。負け続けたことによって、勝てそうな流れになると力が出せない。だから接戦するも必ず負ける。最下位から三年で日本一になるための鍵は意識改革である。こう確信した鈴木は本格的な意識改革に乗り出す。このやり方がすごい。まずは、監督、コーチの刷新。なんとコーチはNFLの有名なコーチをつれてきた。日本人のコーチも京大からつれてきた。環境整備し、選手たちが言い訳出来ない状況を作り出した。さまざまなプラクティス(ゲーム前夜飲み会など)で、チームを高揚させた。一気呵成にチームを日本一にした。
     本書を読むと、改革の本質がスピードであることが良くわかる。「じっくりと」などといっているといつまでも変わらない。スピードこそ質であり、質こそスピードであることを肝に銘じさせてくれる良書であった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962 年、東京生まれ。法政大学社会学部教授。著書に『村上春樹と物語の条件』(青弓社)、『「心の闇」と動機の語彙: 犯罪報道の一九九〇年代』(青弓社ライブラリー)、『眼の奥に突き立てられた言葉の銛』(晶文社)、共著に『戦後・小説・沖縄』(鼎書房)、『失われざる十年の記憶』(青弓社)、『ケアとサポートの社会学』(法政大学出版局)など。

「2016年 『死者の土地における文学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木智之の作品

ツイートする