女子大生会計士の事件簿

著者 :
  • 英治出版
3.25
  • (21)
  • (57)
  • (153)
  • (14)
  • (11)
本棚登録 : 531
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901234252

作品紹介・あらすじ

現役女子大生が挑む数々の会計トリック!「TACNEWS」連載で人気沸騰。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思った以上に面白い

  • 2016/12/08
    お金のやりくり

  • 面白い。居酒屋やファーストフードでアルバイトを始める時に、漫画でマニュアルを読まされる事があるが、それに近い。もう少し設定に凝れば、半沢直樹の先駆けになっていたかも。ただ、小説の技巧で言えば、所謂素人がやりがちな、完成した後に後先でギミックを加える手法(伏線回収)を取っており、その前に会計テーマを決めたため、より一層、稚拙さが目立つ。しかし、それが分かりやすさに繋がったと思う。

    気になった単語の備忘録。簿外入金、架空出金、クリエイティブアカウンティング、二重責任の原則。

  • 女子大生会計士とタイトルにはあるが、女子大生らしいエピソードはない。
    しかし、財務・会計の事象を監査の視点から面白く読むことができる。5つの会計事象をオムニバスで読め、理解しやすい。一時期ニュースでもよく出てきた特別目的会社の意味も会計実務を通して理解することができる。
    だが、タイトルの「女子大生」の文字には違和感を感じざるを得ない。

  • 業務で行っている色々が分かりやすくなり、役立った!さくさく読めるので、数字苦手な人でも大丈夫。

  • 台詞回しがところどころ安っぽく、展開が安易。しかし、会計トリックという普通のミステリーで突っ込みにくいところを分かりやすく、ドラマティックに展開しているので、おもしろいっちゃあおもしろい。また、会計士の仕事についても丁寧に説明していて、そこそこ満足できた。

  • 読み物して楽しかった。ただ、監査現場でこんなに問題が発生したら大変だな…

  • 読みやすかった。作者は古典好きの方のようです。

  • 請求記号:913.6/Yam/1
    資料ID:50076453
    配架場所:図書館階東館1F テーマ展示
    【感想文 byS .K】
    会計士1年目の新人と女子大学生でありながら会計士4年目の上司が会計士のリアルな現状の中で様々な粉飾決算を見つけていく姿がとても面白かった。自分も会計士を目指しているのだが、「会計士が不正を許せば経済は滅びる」というセリフはとても共感出来る部分だった。また、著者が会計士ということもあり、リアルな会計士の働く姿が描かれていて、これから会計士を目指す私にとってはとても良い刺激になった。自分も会計士試験に合格したら、日本経済を良い方向に移すことが出来るように会計士として頑張りたい。

  • 20131229読。

全83件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年生まれ、公認会計士。現在、インブルームLLC代表。著書に『女子大生会計士の事件簿』シリーズ、140万部を超えるメガヒットとなった『さおだけ屋はなぜ潰れない』

「2018年 『マンガ日本と世界の経済入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田真哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
綿矢 りさ
ロバート キヨサ...
白石 昌則
三崎 亜記
劇団ひとり
万城目 学
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

女子大生会計士の事件簿を本棚に登録しているひと

ツイートする