女子大生会計士の事件簿2

著者 :
  • 英治出版
3.33
  • (13)
  • (29)
  • (97)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 295
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901234283

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本家の英治出版版を借りました。本当は、表紙がかわいい角川文庫版を借りたかったのですが、見当たらないのです。萌さん、著者ともに神戸出身で、震災の被災者であることが明かされます。しっかり会計ネタも盛り込んでの感動ファンタジーに仕上がってますね。,ネット掲示板で株価操作をする話は一昔の手法ですね。今は売り買い交錯して混沌とした掲示板を誰も信用していないですから。,

  • とても読みやすく、あっと言う間に読み進められる。業務で経理を扱っている、会計士を目指してる、簿記を学びたいなんてヒトにはお勧め。

  • 勉強にはならないけど、会計士の日常を描いたドラマだと思えば少しはタメになったかな?
    超ライトノベルだから数時間でサクッと読める。

    シリーズものみたいだけど、この1冊で十分だと思う。

  • 会計士になる前に読めばよかったなぁ、人の意見は参考にすべきと改めて思った。

  • 会計士という仕事についてあまり知らない私でもサクサク読める本。隠しミニドラマという発想、素敵です。

  • 萌実23歳。趣味はショッピングに合コン。職業・公認会計士。会計監査の世界を舞台に難解な事件を解決する第2弾。巻末に「英語で学ぼう会計用語集」「新人会計士補のリアルな1年」付き。『TACNEWS』連載を単行本化。

  • さくさくと読了。
    死んだ人も登場して、なんだか自由な感じ。
    萌さんとカッキー、なんだかんだでいい雰囲気・・・?

  • 20120526

  • 2012 5/22読了。つくば市立図書館で借りた。
    さらっと読み流せて会計・監査の知識も少し身につくシリーズ2段。
    今回もさーっと読んでいけた・・・前以上に軽いような? まあ良いか。

  • 時系列がよくわからなくなる。
    けれど会計士の話としては興味深い。

    事件簿というよりは日誌?

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年生まれ、公認会計士。現在、インブルームLLC代表。著書に『女子大生会計士の事件簿』シリーズ、140万部を超えるメガヒットとなった『さおだけ屋はなぜ潰れない』

「2018年 『マンガ日本と世界の経済入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田真哉の作品

女子大生会計士の事件簿2を本棚に登録しているひと

ツイートする