アナーキスト群像回想記―大阪・水崎町の宿 大正三年~昭和二十年 サブロー少年覚え帳

著者 :
  • あうん
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901318457

作品紹介・あらすじ

父、逸見直造が大正十年に「借家人同盟」(労働者無料相談所)を開き、連日の運動家たちの来訪により、子供のころから社会運動に影響を受けたサブロー少年。兄、逸見吉三と共に支えあった苦難の日々。サブロー少年が、大阪・水崎町の宿を拠点として、訪れたアナーキストたちの群像を回想する。

宮本三郎の作品

アナーキスト群像回想記―大阪・水崎町の宿 大正三年~昭和二十年 サブロー少年覚え帳を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする