父親力で子どもを伸ばせ! (寺子屋新書)

  • 子どもの未来社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901330558

作品紹介・あらすじ

学校教育が変わりつつあるいま、家庭教育のあり方いかんで、子どもの将来が左右されかねない。将来を見すえ、慎重に学校を選択し、わが子に学力・知力・体力をつけていくためには、これまでのように母親だけに任せていてはいけない。父親が、家庭に帰り、子育てに積極的にかかわることによって、子どもは精神的に安定し、安心して自分の力を伸ばしていくことができるのだ。
文化放送のプロデューサーが、「教育界のカリスマ」たちに取材し、自身の子育てを踏まえてまとめた、現代の父親の子育ての秘訣、ぜひ実践してみてほしい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パルに紹介されていた本。う〜むそうか、と感心していたら読み終わったというような内容。これを読む前と読んだ後では、物の見方が少し変わったかも。
    褒め上手は子育て上手なのねん。
    「みんなに伝えたいことはたったひとつ。世の中はもう何かすき間がないように見えるけれども、埋め尽くされちゃって自分の居場所がないように見えるけれども、君たちひとりひとり必ず居場所はあるということ。天職と思える仕事に巡り合うことはできるということ。ただ、そのためにはちょっとだけ頭の切り替えが必要です」この言葉はすごい!!)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

文化放送プロデューサー。政治・教育ジャーナリスト。1962年愛媛県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。同大学院公共経営研究科修了。現在、京都大学大学院法学研究科博士後期課程在学中。報道ワイド番組プロデューサーやニュース解説を務めるかたわら、政治や教育問題を取材。執筆や講演活動も行っている。著書に、ベストセラー『頭のいい子が育つパパの習慣』など多数。

「2017年 『2020年からの大学入試 「これからの学力」は親にしか伸ばせない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

父親力で子どもを伸ばせ! (寺子屋新書)のその他の作品

清水克彦の作品

ツイートする