フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

  • グスコー出版
4.01
  • (68)
  • (54)
  • (45)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 544
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901423106

作品紹介・あらすじ

永遠の健康とスリムな体を約束する、究極の健康哲学「ナチュラル・ハイジーン」とは!?肥満、ダイエット、解毒(デトックス)、毒血症、酵素、ローフード、牛乳、朝食、果物…。「病気と健康と食べ物」に関するキーワードは、すべて本書のなかにあった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そうなんだー、とすとんと頭に入る食事方法でした。マクロビのようなハードさもないし、食べ方工夫するだけで満足感を得られそうです。完璧にせずとも学べるところがたくさんありそうです。

  • 何をいつ食べるか、どう食べ合わせるか、何を食べるべきか、
    という本。

    人間の体のことなんて、いまだほとんどのことが解明されていないのが現実。何を食べて健康を目指すかというのは、本当に個人個人に委ねられているわけで、こうした健康本についても
    妄信的になるまえにいろいろな本や意見を参考にするのがよいかと思います。

    と言いつつ、7割程度のユルイ感じで、この本にあるとおり実行中。結果良好であります。個人的には、本書とは関係なく、野菜、玄米、ローフードというのが昔から体に合うようで。

  • 朝は、新鮮な果物のみを食べて排泄を意識し、昼から夜にかけては、しっかり食べて栄養を吸収する(ただ、肉や魚と炭水化物は一緒に食べない)。
    そんなナチュラルハイジーンの考え方が、わかりやすく書かれています。

    人間は身体の外側はキレイにしようと努力するけど、中身にはあまり気にしていません。
    口から入り、血となり、肉となる食物にはもっとこだわってもいいのかもしれませんね。

    ナチュラルハイジーンというと、ダイエットというイメージがあるかもしれませんが、健康目的のほうが強いですよ。

  • 20年前の本だが、いまだにその内容は古臭さを感じるどころか新鮮な内容です。

    食の常識もこの20年で大きく変わってきましたが、基本となる部分は変わらないのかもしれません。

    非常に参考になりました。

  • アメリカのベジタリアンが書いた本を前提に読む。

    内容は科学的な根拠に乏しい。体験に基づいているだけにも思える。

  • 食べた後の待ち時間が食物ごとに違う、など、通常の栄養学の一歩先を行く。

    一度じっくり読んでみたい。

  • 朝、空っぽの胃にフレッシュジュース(酵素)を飲む
    ナチュラルハイジーン

  • 朝食ー搾りたてのフレッシュジュース。新鮮なフルーツサラダ、果物。
    正午までは、いつでも果物を食べて良い。

    昼食=大盛りのサラダ。全粒粉(ホールウィート)のパンまたはスープ(玄米と味噌汁もOK)
    アボカド、トマト、きゅうり、レタスのサンドイッチ。カリフォルニアロール。

    夕食ーベジタブルジュースのカクテル。バター付きのサツマイモ、ベークドポテト、温野菜のサラダ。地中海風ライスサラダ。またはステーキ党のサラダ、肉・魚料理、五目チラシや刺し身、ご飯に納豆豆腐。

    午前4時~正午=排泄、正午~午後8時=補給、午後8時~午前4時=同化、

    水分は果物と野菜から摂る

    食事は70%の果物と野菜(水分を含む)と30%の凝縮食品(肉、魚、炭水化物)
    一度に2つ以上の凝縮食品を食べない。吸収不能。
    肉は野菜と一緒に、ご飯パンも野菜と一緒に。

    人類は果物を食べてきた。果物は他のものと一緒に食べない。直後にも食べない。胃が空のとき食べる。=最も重要な点。

    寝る前に食べるより午前中に食べることのほうが悪い。
    午前中は果物とフルーツジュースだけ。胃が空のときに果物を食べれば減量を加速する。カロリー計算とは関係ない。
    コーヒーやサプリメントも午後にすること。

    解毒が減量に直結する。
    タンパク質は、タンパク質から作られるのではなくアミノ酸から作られる。

    ベジタリアンはビタミンb12を一日300マイクログラム摂る。

    牛乳のカゼインが悪さをする。
    乳製品、ヨーグルト、アイスクリームなどは胃が空のときに食べる。果物にかけて食べてはいけない。

    毎日、早朝に元気よく20分歩く。

    砂糖を取ると必要な栄養素を更に要求するため、太る原因になる。甘いものを欲しがる傾向を改めるには果物を正しく摂ること。

    ワインは空腹時に少量。

    骨粗鬆症には、カルシウム不足より塩の摂り過ぎに注意する。

    朝は果物、フルーツサラダ。蒸したての野菜。

    スロージューサー イキイキ酵素くん、ローベジ多機能ジューサー、グリーンパワーしぼるくん

    ロメインレタスを使う。
    サラダが主食

    正しく組み合わせたサンドイッチ=全粒粉のパン、トマト、アボカド、きゅうり、レタス、

    ドレッシングは、レモン汁とオリーブオイル、塩コショウ。

    ライスサラダ=玄米を入れる
    夕食後3時間経過したら果物を食べて良い
    ステーキ、鮭などをサラダにトッピングする
    カレー味で炒める。

  • 納得できる部分と腑に落ちない点とありましたが知識として。だって人間はゴリラと同じではないしね。

  • No.9 / 2o16

全66件中 1 - 10件を表示

ハーヴィー・ダイアモンドの作品

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!に関連するまとめ

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!を本棚に登録しているひと

ツイートする