ポストコロニアル理性批判―消え去りゆく現在の歴史のために

  • 月曜社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (619ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901477062

作品紹介・あらすじ

植民地以後における理性が生み出す、現代世界の歪みとはなにか。哲学、文学、歴史、文化における支配的なるものを検証しながら、従来のフェミニズム‐ポストコロニアル研究を乗り越えつつ、従属的立場におかれた者たちの抵抗の可能性を脱構築的に編み直す理論的実践の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 哲学、文学、歴史、文化の諸領域より、サバルタンの聞き届けられない発話に近接する試行が繰りかえされる。テクストの細部を読み込み、聞き届けられなかった痕跡を想像力を持って補うことを通してポストコロニアル理性への批判が展開される。特に文学の章はおもしろかった。

全1件中 1 - 1件を表示

上村忠男の作品

ツイートする
×