大阪+(おおさかプラス)

著者 :
  • 月曜社
3.61
  • (4)
  • (7)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901477338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真集です。写真の大家、森山大道氏が1995年~2006年に大阪近郊で撮りおろした内容の集大成。大阪のほか『新宿+』ってのもあります。新宿にするか悩んだのですが、大阪の方が情に訴えるものが強かったので、こちらを採り上げました。
     
     都市大阪の様々なワンシーン、例えば居酒屋の灰皿、傷だらけのガードレール、仕事場への出勤を急ぐサラリーマンの傍らでじっと立ちそびえる広告塔等々…何も考えずに眺めていたら、それは大阪という街のただのワンシーンに過ぎないのだろうけど、他の森山の作品にも言えるのですが、読み手に想像力というものを掻き立てさせる技術が、ホントに凄い。何かを想像せずにはいられない…どのページをめくってもそれは繰り返されます。想像させるとは言っても…「明」より「暗」、「生」より「死」。それが都市に根付く本性とでも言えば良いのでしょうか。

     余談、写真の難しさって、ただ物を「モノ」として記録するのではなく、如何にしてそれを「モノ」以上の対象として生を与えることができるか、それによって技量が試されると私事考えているのですが、撮影の技術を身につけるのは難しいですね。。。写真は鑑賞だけ楽しんでますが、いつかは撮影も楽しめるようになりたいです。

  • 原点、その2。

  • 「Daido Hysteric No.8 」の増補再編集版。

  • 大好きな写真家、森山大道氏が大阪を舞台にした作品集。大道氏独特の写真技術が大阪の街をまた違って見せてくれます。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

写真家。1938年大阪府池田市生まれ。デザイナーから転身し、岩宮武二、細江英公の助手を経て、1964年にフリーの写真家として活動を始める。1967年『カメラ毎日』に掲載した「にっぽん劇場」などのシリーズで日本写真批評家協会新人賞を受賞。近年では、テートモダン(ロンドン)で行われたウィリアム・クラインとの合同展(2012~13年)他、国内外で大規模な展覧会が開催され、国際写真センター(ニューヨーク)Infinity Award功労賞を受賞(2012年)するなど、世界的に高い評価を受けている。

「2017年 『写真集 あゝ、荒野』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森山大道の作品

ツイートする