格差社会サバイバル (Nanaブックス)

著者 :
  • ナナコーポレートコミュニケーション
3.14
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491464

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世代論としては面白い内容だった。読みやすかったしね。


  • 最近何かと話題の「格差社会」を取り扱った書籍。
    とは言え、さほどネガティブな内容ではなく、むしろポジティブな内容。
    著者は『銀座ママ麗子の成功の教え』シリーズの著者でもあり、
    最近の非常に悲観的な「格差社会」議論に対してのアンチテーデ
    (パロディ?)として、本書の議論を進めている。

    本書では現代社会を以下の5つの世代に分類されている。

     1.戦前世代   → 1945年以前生まれ
     2.団塊以降世代 → 1946年〜1960年生まれ
     3.X世代    → 1961年〜1975年生まれ 
     4.Y世代    → 1976年〜1990年生まれ
     5.Z世代    → 1991年以降生まれ

    「格差問題」というと主にX世代(団塊ジュニア世代)が中心に
    議論されているが、本書では、むしろY世代、Z世代に対し
    団塊世代、X世代が何ができるか、何を引き継いでいくかが
    議論の中心になっており、日本の「今、現状」ではなく、
    日本の「将来」に対し目を向けているのが新しい視点ではある
    と感じた。

    本文で語られている議論は、統計的な根拠に基づくものではないので
    「説得感」はないものの、肌で感じる「皮膚感覚」、「時代感覚」と
    しては「納得感」は感じられた。

    堅苦しい内容ではないので、サラっと一読するにはオススメ。

  • うなずけるところとそうでないところと。極端で強引に感じる部分はあるが、朗の考え方をみるとこうなんだろうと思う。私の周りでは団塊世代を否定する人が多い。でもこの本ではホリスティックに見ている。その考え方に私は共感できる。

  • 分類=経済・格差社会。06年5月。世代間に橋をかける(相互理解を深めて協働する)ための知恵を求めたのですが、著者の意見には首肯できない部分もありました。ただ、類書は少ない?ので、その点では読む意義はあるのではないでしょうか。

全5件中 1 - 5件を表示

高橋朗の作品

ツイートする