14歳からの哲学 考えるための教科書

著者 :
  • トランスビュー
3.66
  • (239)
  • (192)
  • (366)
  • (54)
  • (19)
本棚登録 : 2772
レビュー : 304
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510141

作品紹介・あらすじ

人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。
 言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むのにものすごく時間がかかりました。
    なんせ"考えるための教科書"です。
    一文読んでは前に戻り、一章読んではページを閉じて思案する。
    哲学に馴染みのない人にもわかりやすいように平易な言葉で書かれているけれど、それでもやっぱり難しい…。
    わかった部分は自分でもう一度考えてみる。
    わからない部分(たくさんあった!)は、少しでも自分の言葉に置き換えて、書いてある内容を咀嚼してみる。
    行ったり来たり、立ち止まったり、頭を使う読書となりました。

    自分とは何なのか。
    死とは、善悪とは、心とは。
    大人でも自分の答えをもっている人は少ないのではないでしょうか。
    日常や仕事に追われて流れていく日々の中、立ち止まってきちんと考える時間を持ちたいと思いました。
    まずは「言葉を大事にするということが、自分を大事にするということなんだ」という一文を胸に、毎日を暮らすことにします。
    自分の中でほどよく熟成されたころ、もう一度、二度、三度…と読み返してみたい1冊です。

  • 仕事とはなんだ、生活のため?いや、そうすると専業主婦の説明がつかない、では、生きるための価値?そうすると、生きるとはなんだ、

    と、いったようなことを転職活動しながらぐるぐると考えていた時に、Google先生がこの作品を抜粋してくれました。それが以下の部分。

    「生きるためには食べなければならない、食べるためには稼がなければならない、そのためには仕事をしなければならない、この「しなければ」の繰り返しが、大人の言うところの「生活」だ。しなければならなくてする生活、生きなければならなくて生きる生活なんかが、どうして楽しいものであるだろう」
    ※「くもりのち晴れメディア」より

    そう、生活のため、とはつまりその生活に価値を見いだせていれば生活のために仕事は必要だけれど、その生活に価値を見いだせていなければ、生活とはただ単に死ぬまでの暇つぶしとなり、暇つぶしのために心身を疲弊させて働く、ということになるわけで、というか、だったらただ死ぬのを待つのが生活なのか?じゃあなんで生きてんの?

    と、またぐるぐる考える。
    そして、そもそもこの、「考える」というのはどういうことか、というところから、思春期のボーイズアンドガールズに生きることの不思議について教えてくれる。

    決して答えを求めて読むものではなくて、自分で考えて答えを出すためのヒントを与えてくれます。
    読み始めた時は、今まで自分の中でもやもや考えていたことをわかりやすく文章にしてくれてるので、盲信して読み進めていました。けれど、アラサーともなると、生きてく中でいろんなことがあって、ある程度自分のことは自分で守らないといけなくなる。わたしは、この点においては、ある程度、人はずる賢くあっても仕方がないと思っている。
    ただ、14歳のボーイズアンドガールズにとっては、そんなものは生きてく中で見につければいいのであって、今は「人は、卑怯なことだけはするべきではない。卑怯は精神の死だからだ。卑怯によって生き延びるよりは、時には、人は死ぬことの方を選ぶべきかもしれないんだ」という価値を根付かせることにはとても大きな意味があると思う。

    もしも自分が学校の先生であったのなら、この作品は道徳の教科書に使いたい。
    わたしは14歳の時に、こんなふうに内面と向き合う余裕なんてなかったし、きっと、この作品を読み切る頭もなかったと思う。今この作品に出会って、自分の心はこんなにもティーンエイジャーで、大人になったら心は大人になるんだろうなってなんとなく思っていたけれど、きっとそうではなくて、心はずっと生の感情を持ち続けていて、それは乳児期から発達して思春期くらいでピークを迎えて、それは大人になっても変わることなんてなくって、脆くて純粋で素直で、つまりはティーンエイジャーで、俗にいう大人になるっていうのは精神の確立のことなんだ、って、そこに気づけた。これからは、自分の大切な精神を築き上げてゆくこと、それがわたしの当面の、生きること。

  • 14歳向けの平易な言葉で、わずか200ページ強の本であるにもかかわらず、同じところを何度も読み直したり、途中考えるために止まったりし、読了には時間を要した。

    読みながら、本書の狙いである「知る」ことは自分で考える事でしか達成できない。を体験。

    各テーマについて、何も答えは書いてない。
    あなたが当たり前だと思ってる事って、本当のこと?と問い続けてくる。
    言われてみれば……となり、いつの間にか考え始めている自分がいる。

    次は、各テーマごと丁寧に読み直し、もっと深く考えてみたいと思った。
    学校の授業で討論するのも面白いだろうし、子どもと話し合って見るのも面白そう。もちろん、大人同士で考えを深めていくのも大変いい。

    これは、教科書のように時々引っ張りだしては、読み返し、都度考えていくための本。
    考えを深めることで、自分にとっての善悪が見えてくるだろう。それはつまり、自分のしたいことが明らかになっていくということ。
    人の教えではなく、自分の考えによって、人生を変えていくためのキッカケを作ってくれる本に出会えた。
    この奇跡に有り難う。

  • 頑張って子供に合わせようという文章が少し気になるところではあるが、本質は捉えており、よく考えさせられた。大人になると、悩みや理不尽も仕方ないことなのだと無理矢理納得させ、忘れるように努力をする。しかし、果たしてこの大事な問題をずっと無視し続けることは良いことなのだろうか。
    じっくりと考え、考え抜き、向き合っていかなければならないのではないか。自分というものを見つめ直す良いきっかけになった。書いてる内容は決して子供向けではない。むしろ仕事に追われ忘れかけている大人が見つめ直さなければならないものではないだろうか。良書、感謝します。

  • 「存在の謎を追う」

    この本とは、高校二年生の冬に出逢った。
    地元の国立大学の理系を志望していたが、
    東京にある私立大学の哲学科に入学することを決心した。

    今、私は、28歳で中学校の教員をやっている。

    時が経つにつれ、もう、学生時代の頃に感じた、「知ることで世界の見方が変わっていく快感や自分自身の存在を足元から脅かす恐怖心」は、もうすでに薄らいで生活の中にすっぽり収まってしまっている。

    小さい頃、言葉を覚え始めて驚いたことがある。
    「ある、、ある!お母さんすごいよ!(身の回りのもの全てが)あるんだよ!」
    「(目の前にあるもの一つ一つ指をさしながら)これも「ある」。これも「ある」、、
    「ある」という言葉を所有した途端、全てのものが「ある」ことに驚いた。

    大学生の時は、池田晶子さんの本を読みあさっていた。
    ベッドで昼寝をしている時、突如、暗闇の中にある意識が切り開いて、
    「うわぁぁ!!(「私」自身が)ある!!!」
    その直後、もう1人の自分の「眼」が頭の後方に居続けることになった。その「眼」は、なんの感情もなく「この世界」を俯瞰していた。
    この「眼」は、他でもない「私自身の眼」であった。しかし、この単なる事実に気づくまでには、他者や私自身との関係で多くの悩みの経験を通して少しづつ自分の中に入っていった。




    言葉を追って、「存在の謎を追う」
    今では、この問いを自分の中で生かし、
    いや、この問いの中で自分が生きていることを受け入れて
    なぜ、この宇宙の中で私は今ここにいるのか
    私の中に宇宙があり、「宇宙」という「言葉」の中に、「思考」が辿っていく先に宇宙は広がっている。
    この存在の構造は、一体どうなっているのだろう?

    仕事が始まって、この問いをゆっくり考えることは、もうめっきり減ってしまった。

    暖かい気持ちで問いを自分の心の中でコロコロと転がしては、ふと、幸せな気持ちに浸る



  • 「何のために生きるのか、人生の意味や目的が明確でないから、生きるために生きているということになる。「生きるために生きている」、そう自覚して、そう生きることを選んでいるなら、これは立派にひとつの人生の意味であり目的だ。」

    タイトル通り、14歳を想定して自分とは何か、生きるとは何かを哲学者がわかりやすく語っている。
    同意できるかはともかく、考えの取っ掛かりとして良いと思う。
    14歳の私だったら読んでどう思うか、聞きたかったな。

  • 思春期の中高生向けの本とは言っても、言葉、体、家族や仕事、といった平易なテーマを取り上げつつ、筆者はその思想の凄みを語りかけるような言葉の中に込めています。

    特に印象に残ったのは、以下の言葉です。
    「言葉こそが現実をつくっている」
    「自分がないということを考えることができない、ということは、自分は死なない、ということかもしれない」

    更に筆者は言います。「自分を愛し、孤独を味わえる者同士が、幸運にも出会うことができたら、そこに生まれる友情こそが素晴らしい。お互いにそれまで一人で考え、考え深めてきた大事な事柄について、語り合い、確認し、触発し合うことで、一層考えを深めていくことができる」そうした友人を持つことができれば、人生は本当の意味での豊かさを持つことになるのでしょう。

  • 哲学者が14歳の青少年に向けて人生を語ります。途中から内容が少し難しくなり、対象年齢は17歳以上になります。
    取り上げられるのは「言葉」「自分とは何か」「死」「心」「体」「他人」「家族」「社会」「規則」「理想と現実」「友情と愛情」「恋愛と性」「仕事と生活」
    「メディアと書物」「人生」といった30のテーマ。
    「道徳」の時間はあっても「哲学」の時間はないので、こうしたテーマは、いまだに答えがわからないまま、心の中で引きずっている気がします。

    「いろいろな考え方がある」「物事にはAだけでなくBという要素もある」という両面性を公平に伝えていくスタンスはわかりますが、結局「永遠のテーマに正解はない」という結果となるため、逆に大人にはわかりづらい、読みづらい文章になっているように思います。

    感受性の強い10代の心のまま読むのに適しているようで、硬くなった自分の思考力を実感し、素直な吸収力を取り戻す必要も感じさせられます。

    「道徳」で善い行いを学ぶことができますが、人生に対する根本的な問いに答える「哲学」の授業も、十代の頃に必要なのではないでしょうか。

    教師も両親も、大人だからといって完璧な人間だというわけではないということを知るだけでも、かなり世の中のことが見えてきそう。
    人生や社会についてのさまざまな命題を考えて、自分なりに把握しておくだけでも、青少年期の犯罪はかなり減るのではないかと思います。

    14歳の逆で『41歳からの哲学』という著書もあるのだそう。
    大人向けの哲学は、どういった語り口になるのか、こちらも比較して読んでみたいものです。

  •  池田晶子さんが書いた『14歳の君へ』という本がどちらかというと池田さんの考えた結論に近いものだとすれば,こちらの『14歳からの哲学』という本は,その考える過程を書いている本であると感じました。そのため,読みやすさでいえば,『14歳の君へ』の方が読みやすいかな。けど,考えるという点では『14歳からの哲学』の方が考えさせられるな,と思いました。
     読んでみると,普段分かっているつもりのことが実は分かっていなかったということに気づかされます。分からないことについて考えることの大切さを伝える本です。
     「当たり前」のことが本当に当たり前なのか,人生で必ず一度は考えたことのありそうなことについて,深く掘り下げて考えることのきっかけを与えてくれました。

  • 本書は、中学生向けに書かれた哲学書です。でもその内容が子供向けで難しくないものかというとそれがそうでもありません。平易な言葉を選んで書かれているものの、その内容は大人が読むにも十分に耐えうるもの。むしろ、大人が読んでも十分に哲学の内容であり、何を言っているのかわからず道に迷ってしまうため、何度も同じところを読み返してしまうこともありました。

    「自分とは誰か」という章では、先ず自分が何なのかを説いています。「私」が自分を支持するための代名詞、自分というのは代名詞「私」より先にあるもの。その自分こそが、名前でも代名詞でもない、自分であるところのもともとの自分。自分は自分が自分であるとわかるけど、どうしてわかるのだろうか。

    「わからない」と感じることを、どこまでも考えてゆくようにして下さい。「わからない」ということは、答えではなくて、問いなのです。君が毎日やっているその自分とは、本当は何なのか、知りたくないはずはないでしょう。

    勉強でも仕事でもできる人というのはわからないと曖昧にしないのでしょうね。私は割といい加減なところがあるので、曖昧にしちゃうことも多いけど、拘りのある部分は決して曖昧にしたがらないので、あらゆる点においてそうしている人は尊敬します。

    「心はどこにある」の章では、「心」とよbンでいる思いや感じや考えのことを感情と精神に分けている。前者が動いて変わる部分、後者が動きも変わりもしない部分。感情は感じるもので、精神は考えるもの。ここでは感情がいけないものと言っている訳ではなく、精神の働きがなぜ大切なのかを教えてくれます。

    「規則」の章では、どうして社会生活には規則が必要なのかという考察が書かれています。この内容が哲学書であるので、単純な説明に終わらず一歩内側に踏み込んで疑問を解明しようとしています。

    「品格と名誉」は目からうろこである。「上品」「下品」という言い方がある。「じょうひん」「げひん」ではなくて、「じょうぼん」「げぼん」と読み、これらは似ているけれど微妙に違っているそうです。「げぼん」に対するところの「じょうぼん」というのは、見た目の感じのことではなく見えない人柄、人の内面性を言う言葉らしい。「じょうぼん」「げぼん」というのは、徹頭徹尾、人の内面、精神性こそを評価する言葉なんだそうです。知りませんでした...

    精神は自分を自覚する。精神としての自分を自覚するんだ。そして、精神にとっては精神よりも大事なものはないと知る。なぜなら、精神としての自分にとって何が大事かを考えて知ることができるのが、まさしくその精神だからだ。自分を大事にするとは、つまり、精神を大事にするということなんだ。

    ううむ、哲学ですな。自尊心とプライドの違いも説明されています。自分の価値より他人の評価を価値としているとするとそれは自尊心ではなくて、単なる虚栄心だということだ。なるほど。さらに嫉妬という感情も同じ理屈です。ヤキモチ、自己主張、自己顕示、見栄など普段何気なく使っている言葉もこうやって理路整然と説明されると考え直させられますね。

    【宇宙と科学」の章では、「自分がある」ということと「自分がない」ということ、「今」とはいつで、時空とは何で、「自分」とは誰なのかを説いています。

    読み進めていくと、頭が冴えているときはするすると読めて内側をえぐって解明していることもすんなり頭に入ってきますが、頭が冴えていないときは何だかよくわからなくなりぐるぐると頭が回りだし何度も同じ行を読み直しては考えたりするので、読了するのに思いの外時間がかかってしまいました。これを読んで、ここに書かれている内容をすべて理解する中学生はきっといるのでしょうし、そういう子供達ってすごいなって思います。:-)

  • 書いてあることはいつも同じ。でも池田さんの言葉をどうしても求めてしまう。
    今回は14歳~17歳を念頭に置いているということもあって、慎重に言葉を選んで書かれていた。それでも何とかして伝えようと、熱意が言葉の端々にうかがえる。かえって、コラムを収録した著作よりも、紙面的にも言葉的にも充実しているように感じた。
    考えることがやめられなくなってしまったが、池田さんにはまだまだ到底及ばない。
    日頃、考えられるようになるにはどうすればいいかとか、考えるとはどういうことか考えているが、いまだに掴むことができず、他者とのコミュニケーションをもどかしく思うことがある。
    考えるための教科書ということもあって、今回読んでみて、こんな風に伝えたらわかるかもしれない、と気づき、自分のことば・考えの至らなさをかなり痛感させられた。

  • 読書記録
    14歳からの哲学
    思うと考えるは違う。正しいか考える。
    誰にとっても正しいことを考えることが生きること
    当たり前のことを考えるよりも面白いことはない
    自分が存在しなければ世界は存在しない。自分が存在するということが、世界が存在するということ。世界は、それを見て、考えている自分において存在している。自分が世界。
    自分を愛するということが世界を愛すること
    善悪は外になくて内にある。だから良い事はしなければならないことではなく、したいことなのである。
    天網恢恢粗にして漏らさず
    天の網は広くて粗いようだが、悪事は必ず露見する。
    自分自身が真理。しっかりと感じ、そして、考える。


    簡単なようで難しく、当たり前のようで当たり前ではない。そんなことが書いてあるように感じた。
    ものすごく考えながら読まなくてはいけないし、また何度も読み返して咀嚼する必要があると感じた。
    また読みたい一冊。

  • 30歳にして読んだこの本
    14歳で読んで欲しいけど、14歳の子はこれを最後まで読んでくれるのだろうか。

    外界を疑って、内界を見据える。
    今の世のほとんどの人は、外界から与えられる情報をただ受け取るばかりで、見えない内界を自力で考えることをしない。

    自ら考えて知ることだけが『知る』という事の本当の意味であり、情報を受け取ってもっているだけの状態を『知る』とは言わない。

  • ☆☆☆☆☆『14歳からの哲学』(池田晶子)
    今までにも数多くの『14歳からの◯◯◯』という本が出版されてきていて、その中の何冊かを読んできましたが、どの本もタイトルの『14歳からの◯◯◯』から感じとられる、先入観に反して、内容のしっかりしたものが多かったようです。(もう1冊のお勧めは『14歳からの社会学』)
    50歳にして手にするには、恥ずかしいという思いもあって電車の中では、表紙を隠しながら読み始めたりしましたが、読み進めるうちにこのような本を読んでいることが誇らしくなってくるから不思議でした。
    著者、出版社の狙いが、なんで、タイトルに『14歳からの◯◯◯』とつけるのかの推測はこの手のタイトルの本を買った人のひとつの楽しみとしてもってもらうとして、

    第1部は、特に難しく感じました。それは自分が14歳になりきれていなかったからなのかなぁ、抽象的な問いかけが、異次元の空間を飛び交う言葉のような感覚で読んでいました。雲をつかむような感覚です。

    でも、第2部は各論というか具体的な事象について範囲を狭めた、抽象論、観念論的な内容になってきたので、じっくりと読み込みました。この辺にくるまでに、だいぶ14歳の自分を取り戻せてきたという感覚もあったりしました。

    各項目で、自分の勝手な思い込み、日常の思考の習慣が築き上げてきた世界を自分は生きてる、ということを教えられる内容になっているのですが、すべてに触れると時間がないので、特に印象の強かった箇所を抜粋して少し、コメントします。

    〜〜社会という現実は、皆んなが内で思っているその観念の、外への現れだ。観念が現実を作っているのであって、決してその逆じゃない。
    社会はそれぞれの人の内の観念以外のものではないのだから、それぞれの人がよくなる以外に、社会をよくする方法なんてあるわけがない。現実を作っているのは観念だ。観念が変わらなければ現実は変わらないんだ。社会のせいにできることなんか何があるだろうか。
    世のすべては人々の観念が作り出しているもの、その意味では、すべては幻想と言っていい。このことを、しっかりと自覚できるようになろう。社会がそうなら、国家というものもそうだ。
    複数の人が集まれば、複数の観念が集まり、混合し、競い合って、その中で最も支配的な観念、つまりもっともっと多くの人がそう思い込む観念が、その集団を支配することになるこれが言わば「時代」というものだ。
    つまり、「社会の動き」とは、つまり「観念の動き」である〜〜

    「社会」というもの、「時代」というものを説明しなさいと言われたときに、自分が見ているもの、所属しているものから、見つめていてもそれを的確に表現できない。
    うえの引用が、正しいかどうかではなく、少なくとも、感覚的にすーっと理解できるということは。理屈ではない別のもの(理性)が、人間の内には宿っているということなのだろう。

    このような、思春期の若者が世のなかで、出くわす、あるいは既に出くわしてはいるが、誤った先入観で捉われている、観念を解きほぐし、新たに自ら「考えてみる」機会を与える本です。

    正直、14歳の私には読むことができなかった内容です。でも、言葉、文章表現はできるだけ若い人に「考える」ことを意識させるために希望の光をあてていることが感じられます。

    この本を読んでいる最中にスマートフォンに「13歳の女子中学生2人手を繋ぐようにしてが品川区の荏原町駅に飛び込む」というニュースが入ってきた。彼女らに、この本の著者の本意を届けらなかったことが残念です。
    2016/05/14

  • 抽象的な観念から、生きる意味まで。
    私は幼少時からこのようなことを考えるのが好きな子供でした。
    しかし、世の中のすべての人が哲学的なことを好むというわけではないこともわかってきました。
    10代のころ、ひたすら死を恐れて、なぜ生きるのか考え抜いたことが、いま生きる基礎になっていると思っています。
    なぜ生きるのか、自分とは…、善と悪について…。
    すべては自分が基準であるということがわかり、死が訪れても精神は死なないのだと考えることで、生きるのが楽になってくる。
    考えるのは大変つらい作業ですが、世の中のことにケチをつけていくよりは、自分を高めて見える世界を素晴らしくするほうがずいぶん楽だと思います。

    この本はさまざまな「見えないもの」について考えるための教科書です。
    語りかけは優しいですが、考えようとする内容は大変高度で、大人の読み物としても耐えうるものだと思います。
    哲学を生活に根差したものに落とし込んでいます。

  • 悩むのではなく考える。
    完全な親は存在しない。
    家族は他人とどう付き合うかを学ぶ場。
    社会は人が作った観念。
    国の為に命をかけて戦争するのは人間だけ。
    情報にはホントもウソもある。
    情報は知識ではない。
    くだらない言葉がくだらない人間にする。

  • もう14歳を少し超えてしまいましたが大変考えさせられました。今まで自分がやってきたことは考えている振りだったのだなあ、とそう言い当てられている気にもなりました。

  • 自分という宇宙を
    知り、愛す。


    僕の中の一番の変化は
    孤独を愛せるようになったことなんだなと実感した。


    まだまだ掘り下げ甲斐がありますね。

  • 哲学やや難しかった。

    子供のことを自分の子供だと思い込んでしまう。
    思い悩むのではなく、しっか考えることが大切。
    生きていることが素晴らしいと思うことは、自分がそう思っているから。

  • これほど骨のある本には久しぶりに出会った。一通り読めたけど半分も理解できていないと思う。また読む必要がありそうだ。14歳向けと思わない方がいいかも?

全304件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

池田晶子(いけだ・あきこ)
1960年、東京生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒。文筆家。
専門用語による「哲学」ではなく、考えるとはどういうことかを日常の言葉で語る「哲学エッセイ」を確立して、多くの読者を得る。とくに若い人々に、本質を考えることの切実さと面白さ、生死の大切さを語り続けた。2007年2月23日、没。
著書に、『14歳からの哲学―考えるための教科書』『14歳の君へ どう考えどう生きるか』『新・考えるヒント』『41歳からの哲学』『暮らしの哲学』『人生は愉快だ』『魂とは何か さて死んだのは誰なのか』『私とは何か さて死んだのは誰なのか』『死とは何か さて死んだのは誰なのか』『無敵のソクラテス』『幸福に死ぬための哲学ー池田晶子の言葉』など多数。

「2017年 『絶望を生きる哲学 池田晶子の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田晶子の作品

14歳からの哲学 考えるための教科書に関連する談話室の質問

14歳からの哲学 考えるための教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする