わたしの戦後出版史

  • トランスビュー
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510653

作品紹介・あらすじ

1953年未來社に入社し、戦後を代表する多くの作家・学者と関わり、83年に影書房を設立、いまも現役編集者として活躍する著者が、個人の回想がそのまま戦後出版史となる歴史を語る。
 貴重な人物写真や初版本など図版230点を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あちこちの書評であまり評判がいいので読んだ。

    たしかに悪くはないし、面白くもあるが、書評は褒めすぎだと思った。
    やはりこういう本の書評を書くのは本に関わりのある人が多いのだろう。

    「未来社」という小出版社が1500部刷って200売れたなどという話は、面白いといえば面白い。そういう世界なんだ。

    山の仙人のような富士正春が8万点もの資料を残したとは!
    松本もよく残しているよ!
    平野謙、花田清輝、埴谷雄高、藤田省三、木下順二、野間宏、そういえばこの本によってその風貌が目に浮かぶようになった。

    この本、2008年8月刊で2010年12月にAmazonで買ったらまだ<初版第1刷>のままだった。売れないんだ。

     

  • 【配架場所】 図書館所蔵なし

  • とても深い内容で、影書房の本に関心を持つようになった。

全3件中 1 - 3件を表示

松本昌次の作品

ツイートする