花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死

著者 :
  • トランスビュー
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510684

作品紹介・あらすじ

グレッグの癌は枯葉剤のせい? カメラを手に渡ったベトナムで出会った被害者たちの生活。
 最愛の夫との死別を乗り越え、岩波ホールなどで公開されたドキュメンタリー映画『花はどこへいった』の完成までを綴った書下ろしノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『母は枯葉剤を浴びた』を読んだのは、中学生の終わりか
    高校生になりたての頃だったと思う。掲載されていた
    写真にショックを受けた。

    結合双生児はまだいい方。水頭症や眼窩そのものがなかった
    り、一つ目、手足の欠損や歪曲した赤ん坊の遺体がホルマリン
    漬けにされていた・

    食糧の供給元を断つ為と、ゲリラが潜む森林を破壊する為に、
    ヴェトナム戦争時にアメリカ軍と南ヴェトナム軍は枯葉剤を
    大量に散布した。

    ダイオキシンを含む枯葉剤の影響を受けた人体は、想像を
    絶していた。その影響はヴェトナムの人々だけではない。

    ヴェトナム戦争に従軍したアメリカ兵のなかにも、深刻な
    影響を残した。本書の著者の夫であり、日本を本拠にして
    アジア情勢をリポートし続けたカメラマン、グレッグ・デイビス
    もその一人だ。

    2003年4月、体の不調を訴えたグレッグは検査の結果、
    肝臓がんと診断される。そして、1カ月も経たぬうちに
    急逝した。

    パートナーの死の原因となった肝臓がんは、枯葉剤を浴びた
    ことで発症したのではないか。著者は愛しいし人を失った
    悲しみを乗り越え、枯葉剤の影響を映像で残そうとヴェトナム
    へ渡る。

    そこには枯葉剤の影響で健康被害を受けながらも、必死に
    生きようとしている人々がいた。

    戦争が終わっても続く被害がある。40代以上の人なら結合
    双生児のベトちゃん・ドクちゃんを覚えているだろう。彼らも
    枯葉剤の被害者だ。

    皮肉なことに枯葉剤散布を推進したアメリカ軍将校の子息
    も、枯葉剤の影響で亡くなっている。この将校はアメリカ議会
    で枯葉剤暴露者の救済を訴えたが、それはアメリカ人のみ
    であり、ヴェトナムの人々には一切触れていなかった。

    アメリカが他国の武力行使に対して「非人道的だ」と声を
    上げる度に思う。あなたたちがインドシナでなったことは
    人道的なのか…と。

    戦争に良いも悪いもないように、武器に人道的なものなんて
    ありゃしないさ。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB08265633

  • 写真家グレッグさんの足跡を妻の坂田さんが詳細に描いていて、アジアの苦悩、とくにカンボジアやベトナムの負の側面について知ることができる。

全3件中 1 - 3件を表示

坂田雅子の作品

ツイートする