自殺サークル

著者 :
  • ワンツーマガジン社
3.21
  • (5)
  • (15)
  • (75)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901579094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古屋兎丸の仕事のそつのなさ、あらためて凄い。JK、援交、自殺。今ではありふれた、ネット勃興期の時代の暗い雰囲気を基調とする表現の、もっとも洗練された作品のうちの1つでは。

  • 某誌のホラー漫画特集で紹介されていて、
    興味を持ったので購入。
    もっとえげつない内容を想像していたが、
    意外にあっさりしていて拍子抜け。

  • 現代ホラーの見本ですかね。やや覚醒へ至る過程が薄い。問題ないけど。

  • 映画

  • カルト

  • 古谷さんの絵はいい 
    立ち読みしましたが・・・

  • 【完結済】<全1巻>

  • コラボで映画もできています。

  • メディアミックスで映画にも「自殺サークル」というのがありますが、映画とは違った内容の作品です。
    現代の闇が潜んでます。

  • 映画のより好き。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

自殺サークルのその他の作品

自殺サークル (Fx COMICS) 単行本 自殺サークル (Fx COMICS) 古屋兎丸
自殺サークル Kindle版 自殺サークル 古屋兎丸

古屋兎丸の作品

ツイートする