日本二千六百年史 新書版

著者 :
  • 毎日ワンズ
2.80
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 121
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901622950

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近(2018.2)日経新聞の広告欄で、戦前(昭和14年)に書かれた本が、当時検閲で削除された部分が復活して出版された、と宣伝されていたので興味を持ちました。

    本の中には、該当箇所に傍線が引いてありその部分はすぐにわかります。書かれた文体は少し古いので少々読みにくいところがありますが、傍線を探しながら読んだという感じです。

    私が最も印象に残ったのは、実は本の前半部分で、広告にも掲載されていた事ですが、日本の今の地名の多くは「アイヌ語」が含まれているとのこと。北海道に行ったときに、同じ漢字でありながら読めないものが多く、これはアイヌ語のせいだ、と理解していた覚えがありますが、北海道以外にもそのような名残があることに改めて気づきました。そういえば、どの地方でも駅の名称、地名等、漢字を習っていても読みにくいものが多いですね。

    この点について今後さらに学んでいきたい、という「きっかけ」を与えてくれたという点で、この本は記念すべきものになりました。

    以下は気になったポイントです。

    ・日本国民の天皇に対する関係は、その本質において父母に対する子女の関係と同一である、子女が父母に対して正しき関係を実現することが「孝」である、同様に日本国民が天皇に対して正しき関係を実現することが「忠」である。日本の天皇は、家族の父、部族の族長が共同生活体の自然の発達において国家の君主となり、もって今日に及べるが故である(p29)

    ・有史以前の太古において、日本はアジア大陸と同じく、南北二大勢力の争闘の舞台であった。南方の民は、今日の日本民族であり、北方の民はすなわち、アイヌ族である。初め日本は恐らくアイヌ民族の国土であった、この根拠は南は九州より北は奥羽に至るまで、日本の地名はほとんどアイヌ語らしき事である、日本語としては到底解釈し得ざる地名も、アイヌ語の転訛としてみると明らかなことが多い(p33)

    ・アイヌ人という勇武なる先住者をこの国土にもたなかったならば、南方民族(大和民族)に免れがたき文弱におちいり、今日のような国家建設ができなかったかもしれない。(p34)

    ・日本史は明らかに4期に分けられる、1)建国より大化革新、2)鎌倉幕府創立まで、3)徳川幕府の大政奉還、4)明治維新後(p47)
    ・室町幕府は、その外面組織は鎌倉時代と同一であるが、その政治を有効ならしめる統一力を欠いていた。(p143)

    ・江戸時代は、徳川氏を盟主と仰げる260余国からなる連邦の観があった、当時の大名の領土は、約20の大諸侯を除けば、大は数郡、小は半郡にも及ばない(p195)

    ・五番方と呼べる、大番・書院番・小姓組番・新番・小十人組、は将軍の親衛として江戸城を警護、書院番は駿府、大番は二条・大阪の在番も務めた(p196)

    ・領土の大小を問わず、各大名はみな独立対等であった、1万石の大名とは、1万石のコメを産する土地の君主の意味、収穫のうち30-40%をお蔵入りとして、君主の収入としていた。但し石高には表高、内高があり、名義上1万石でも実際は数万石の収穫(内高)が上がる土地もあった。表高は軍役高とも言い、100石につき3人の兵を雇う必要があった(p260)

    ・幕府創立当時には、1800万石、元禄時代に2600万石、天保時代に3000万石、徳川氏所領は、初期は400万石、末期は800万石(p261)

    ・フランス革命はナポレオンの専制、ロシア革命はレーニン及びスターリンの専制によりなりつつある、明治維新はその専制者を明治天皇にあてた(p276)

    ・旧来の調停直轄地、及び、幕府旧領地を分ちて、府・県とし、全国諸侯は、273を算し、9府20県と、273藩に分割した(p277)

    ・全国に8大学、256中学、5万3760小学の設立する計画を立てた(p281)

    2018年2月25日作成

  • 「昭和14年7月に発売され、たちまちベストセラーになったが、軍部や右翼の一部から「国体違反」「不敬」などの批判が浴びせられ、発行中止の告発を受理した検事局から削除訂正を求められた。このため昭和15年9月以降は訂正版となった。そして敗戦後GHQによってまたも追放。
    本書は初版であるが、改訂版で削除された箇所を傍線で示し、読者の参考と供することにした。」

    「隠そうとしていた部分がわかる」というだけでも興味深いですが、日本の通史として、本当に面白い本でした。
    ただ、読み方や意味のわからない言葉が毎ページ数個あり、辞書で調べながらやっと完読。
    「日本語ってこんなにたくさんあるんだなあ」と感心。
    同じ言葉ばかり使っている自分…。
    大川周明さんの頭の中にはこれらの単語が全てはいっているのでしょうか。
    しかも、それでインド哲学が専攻だからヒンズー語もできるだろうし、コーラン全文翻訳したからアラビア語もできる?

    まあ、とにかく全部面白かったけど、四つ記録しておきます。

    日本史受験したというのに、北条と藤原がごちゃごちゃになっていた私。
    北条泰時についてのこの部分すごく好き。
    >仁治二年、天下の豪族たる武田一家が、土地に関して小さな大名と争える時、泰時は道理に於て武田の非なるを見、之を敗訴せしめた。武田一家はこの敗訴を恨みて、泰時の一身に危害を加えんとするとの評判が高まり、人々は再三泰時に警戒注意を与えた。その時、彼曰く「人の恨を顧み、その理非を分たざらんには、政道の本意あるべからず。逆心を怖れて申し行わざらんには、定めてまた存私の謗を招くべきか」と。而してこの事ありて一月の後、武田家は巷説の無実なるを陳じ、もとより何らの異心なきのみならず、子々孫々断じて悪事を企てざるべき旨の起請文を泰時に差し出した。彼は綿の如き情と、鉄の如き意志とを以て、民と国とのために一生を献げたのである。

    また、私は源氏物語が好きではないのですが、「平安朝末期の道徳的頽廃はほとんど吾らの想像以上に甚だしきものであった」と大川氏。嬉しいお言葉。
    「しかるに爛熟せる京都文明が生みたるこの堕落腐敗を刷新して、日本国をその道徳的破産より救えるものは、実に武士道そのものであった」
    そして武士たちがすごくカッコよく描かれているのです。時代もあるのかな…。

    一方宗教ですが、道元禅師について一章費やしている事に驚き。
    なぜなら私、よく曹洞宗のお寺に行っているものですから。
    でも道元についても曹洞宗についてもほとんど知識なかったので、これからいろいろ読んでみようと思いました。

    最後に、やっぱり一番面白かったのは幕末。
    結果を知っているのに、ドキドキして読みました。
    図書館で借りたけど全部読む時間が無いというかたは、このテーマだけ読んでみては?

    「(前略)外に海外の形勢を望めば、英・露・仏・米の新興諸国、最も無遠慮に東侵南下の政策を強行し、西力の東漸(西洋の侵略)、日に激烈を極めたる時である。(中略)かくの如くにして貪婪飽くことを知らざる欧米列強の爪牙は、当然シナ及び日本に向かって研がれ始めた。今日にして日本当時の国際的地位を顧みれば、国家の存亡累卵の危きよりも危く、真に冷膚をして沸然たらしむるものがある。けれども幸いにして非常の国難を免れ、まさに三千年の社稷を失わんとせる逆境を脱出して、却って新日本の建設を成就せしことを思えば、真に歓天喜地して皇国の幸運を祝せざるを得ない。日本に天祐ありとすれば、その明らかにかつ豊かに下されしこと、実に幕末の時に於けるが如きはない。」

  • 思想家 大川周明が第二次世界大戦が勃発した1939年(皇紀2599年)に発表した歴史書。日本2600年の歴史を独自の視点で論じてます。高天原から江戸幕府の終焉まではかなり詳細に記述されています。源頼朝や足利尊氏への見方は面白いです。ここに書かれている事が当時の日本人にとって一般的な考えだったかは疑問ですが、日本民族が、普通に日本民族としていられた時代の歴史観を垣間見ることができ、目からウロコな内容がたくさんあります。あえて今の時代に読むのが良いと思いました。本書は世界維新に向けての提言で終わります。

  • 新聞のセンセーショナルな広告で興味を持ったけど、
    別にぶっ飛んだ内容ではなかった。
    1つの視点としては面白い。
    こうして、通史でダァーっと読める本て、そう考えると意外と少ないなぁと思った。
    やっぱ歴史は流れだから。

  • 東2法経図・開架 210.1A/O46n//K

全7件中 1 - 7件を表示

日本二千六百年史 新書版のその他の作品

日本二千六百年史 単行本 日本二千六百年史 大川周明
日本二千六百年史 Kindle版 日本二千六百年史 大川周明

大川周明の作品

日本二千六百年史 新書版を本棚に登録しているひと

ツイートする