グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?―Web2.0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち

制作 : Andrew Keen  田中 じゅん 
  • サンガ
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901679855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結局、YesかNoかは分からないのだけれど・・・
    CGMは価値なのかゴミなのか。
    「群集の英知」かどうかは、そう遠くない将来答えは出そうだが。

  • そうなんですよ。このままでは非常に危険なのです。コンテンツが再生産できなくなる。

  • IT敗者の嘆き節。だがそこに真実が垣間見える。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

アンドリュー・キーンはシリコンバレーの起業家で、文化、メディア、テクノロジーに関する論客である。ウィークリー・スタンダード誌、ファースト・カンパニー誌、サンフランシスコ・クロニクル紙、フォーブス誌、ZDネットなどに寄稿している。Audiocafe.comの創設者、代表、CEOとして、エクスファイア詩、インダストリー・スタンダード誌をはじめとする多くの雑誌や新聞に紹介されている。インターネット番組AfterTVの司会者としても人気で、ラジオやテレビへの出演も多い。カリフォルニア州バークレー在住。

「2008年 『グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンドリュー・キーンの作品

ツイートする