犬との別れ

著者 :
  • バジリコ
2.77
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901784535

作品紹介・あらすじ

生後二カ月で飼い始めたシベリアン・ハスキー。出会いから、日々の暮らし、そして惜別まで、愛犬とともに過ごした、かけがえのない15年間を描いた感動作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ハラス…』みたいにもっとたくさんの犬とのエピソードを期待してよみはじめたので、物足りない感じ。主の子供の成長と作家としての苦悩の話はソレはソレで良いのだが、犬好きとしてタイトルで選んだので、ちょっと違和感。最後は泣けたけどね。

  • 「犬との別れ」はほんの少しだけで、家族特に子供達の成長話が主。犬に対する気持ちは探さないと出てこなかったし、普通だった。

  • 著者の孤独な作家生活によりそうハスキー犬との交流。

    家族に恵まれながらも、作家という職業につきまとう孤独感を
    物言わぬ犬がやわらげる。

    夜中の執筆中の一人と一匹の空間が、ひっそりと心地よい一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

三田誠広の作品

ツイートする