ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る

制作 : 園田 恵子 
  • バジリコ (2005年6月13日発売)
3.87
  • (43)
  • (44)
  • (53)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :272
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901784665

作品紹介

ひとり国を離れ、恋もした-クスリもやった-そして失望した。戦火を逃れた異国での孤独…傷心の帰国…結婚やがて離婚。ハーベイ賞、アレックス賞などを受賞した話題作の続編。

ペルセポリスII マルジ、故郷に帰るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻目もよかったけど、これをよくぞ描き上げたものだと感心。

    複雑な事情を抱えたとはいえ、思春期の子どもがたった1人外国で生きていく孤独感。よくわかるなぁ・・・自分もマルジと同じような年頃に交換留学でたった10か月だけ滞在したアメリカで温かく受け入れてはもらったけれど、しょせん異邦人だったし、韓国人の子からあからさまに日本人とは親友にはなれない、とかいわれちゃったり、嫌でも民族を意識させられた。同じアメリカ人でも、あちらはドイツ系、イタリア系、中国系、アイリッシュとまぁ民族意識がそれぞれにあった。不思議と民族間で見えない線が張られてるんだよねぇ。日本にいるとそういうのは絶対わからない。ビジネスでたまに会うだけでもわかんないかも。毎日顔を合わせてるからこそわかるライン。留学生の中には、マルジのように本国にはいられなくて、やむなく渡米してきたって子もたくさんいたし。
    アメリカになじめなくて、本国に帰りたいけど移民してきちゃったから帰れないって子もいたなぁ・・・

    (この本の内容とは全然関係ないけど。)

    マルジの両親のように、国にいては言論に自由もなく、行動も制限され、政府には懐疑的、子どもには広い視野をもっておいてほしいと海外へ送り出す、せめて子どもだけでも…の気持ち。
    読みながら、留学先で知り合ったその子たちのことを思い出した。

    タイトル通りマルジは故郷に戻る。戻りたいと思った気持ちはすごくよくわかったよ。

    私は、思春期の少女の成長物語としてこれを読んだけども
    もちろん、イランの抱える複雑な民族事情を垣間見られる興味深いお話でもあります。読めば読むほど発見がありそう。

  • 大人になっちゃったのね・・・

  • 戦火を逃れ、宗教の戒律から解き放たれ、新天地ヨーロッパへーー。しかし、夢見た自由の地では、移民への差別と偏見、孤独が心を苛み、麻薬が身体を蝕む。
    マルジの体験に共感することで、祖国へは帰れず、異国での暮らしは厳しい難民の人たちの気持ちがわかるような気がします。これは物語ではなく、今現在も世界のどこかである悲しい現実です。

  • 抑圧から逃れてやること、…他にいろいろありそうなのにと思いながら読んだ。でも、大学生くらいだと尖っていて、こんなものかもしれない。

  • <閲覧スタッフより>
    イスラム革命、イ・イ戦争と戦後復興。少女マルジの目に映ったイランの実情と人々・女性たちの暮らし・思いとは。激動の時代を過ごしたマルジの回想記です。続篇はイランを離れたマルジの思春期。モノクロームの飄々としたタッチが魅力的な作品です。

    --------------------------------------
    所在記号:726.1||サト||2
    資料番号:10225375
    --------------------------------------

  • しっかり読まないと、ついていけない。

  • マルジがいよいよ一人でウィーンへ。初めての寮生活、アナーキストたちとの交遊、恋…。そして故郷に帰ってきて見たものは。マルジは上流社会のイラン人。普通のイラン人の生活とはかけ離れていますので注意。

  • 自由であることは闘い続けること…自分のぬるま湯さが申し訳なくなる。でも一番印象深かったのは主人公が家で引きこもってた時に見てたコンテンツがおしんだったこと。おしん、恐るべし

  • 何もかも、自分とは違う世界すぎて、起こった事実はファンタジーとしか捉えられないのだけど、マルジの感情は全て共感できる、1人の人間の感情だった。またも泣いてしまった。

  • ペルセポリスI,II。二冊ともおもしろかった。おもしろかったけど、背景の把握が難しくて、漫画の割りに読むのに時間がかかった。

    コロラドのパンク友達から、インドネシアでパンクな格好をしていた少年たちが、何の罪も犯していないのに”再教育”のために逮捕され、モヒカンを切られ、歯ブラシなどの提供を受けた、というニュースをきいて(記事はこちら:http://www.thejakartaglobe.com/home/aceh-punks-arrested-for-re-education/484549)、驚愕して一人で騒いでいたら、マイケルが渡してくれた本。

    1979年に起こったイラン革命後の筆者の半生を描いた漫画で、少女時代から結婚してフランスに移住するまでの過程を、周りの圧制や虐殺、戦争といった厳しい状況を説明しながら書いている。正直な表現が多くて、すごく心に響いた。マイケルが渡してくれたのは、主人公がオーストリアにイランから逃れたとき、彼女がパンクになったから。マイケルはコロラドでパンクな人たちとつるんでいた私をそこに重ねたようだった。(全く境遇は違うけど)

    そのストーリーも面白かったけど、私は主人公が両親と別れてオーストリアに発つシーンがあまりにも悲しく切なくて、号泣してしまった。軽いタッチで描いてあるけど、最初から最後まですごく重いことを淡々と表現してある。笑いも、Cuteな感じも忘れず、最後まで夢中で読んだ。

    「何があっても自分に公正明大でいなさい」という主人公の祖母の言葉がとても素敵だった。今はフランスに在住だという筆者。他の作品も読んでみたいと思う。そして映画化もされているので、映画も早速見よう♪

全47件中 1 - 10件を表示

マルジャン・サトラピの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
片桐 はいり
カズオ イシグロ
ヴィクトール・E...
アゴタ・クリスト...
マーシャ メヘラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ペルセポリスII マルジ、故郷に帰るに関連する談話室の質問

ペルセポリスII マルジ、故郷に帰るを本棚に登録しているひと

ツイートする