バカにつける心理学

制作 : 齊藤勇  齊藤勇 
  • ジービー
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901841849

作品紹介・あらすじ

どうしてアイツはバカなのか。好き勝手に自由に生きるバカに振り回されている人も多いことでしょう。そこで、“バカにつける薬”として、「バカの脳内・ココロが理解できる心理学」を解説。「それってあるある!」的な事例をあげ、そのバカの心理を分析していきます。心理テストもついてます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 簡単に世の中の良くある人や行動を心理学の面から分析。
    そうかっ!と合点がいくが、短すぎて頭にはあまり残らないかも。
    時間潰し用のコンビニ向け発売の本です。
    今年の一発目の本にしては、タイトルが下品で残念w

    2011年1月読了

  • はい,そんなわけでコンビニで発見して買っちゃった.

    街中などで見かけるバカな言動とかを

    心理学的に分析して説明してくれてます.

    心理テストも付いててちょっと楽しげ.


    おすのです.

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

立正大学名誉教授、大阪経済大学客員教授、文学博士、日本ビジネス心理学会長、日本あいづち協会理事長。早稲田大学大学院博士課程修了。
人間関係の心理学、特に対人感情や自己呈示の心理などを研究。またテレビなどメディアでも活躍し、TV「それいけ!ココロジー」の監修者を務めるなど、心理学ブームの火つけ役となった。
著書、監修書に『超・相槌』(文響社)、『外見心理学』(ナツメ社)など多数。企業や学校などで対人関係を良好にするコミュニケーション・スキルの研究に従事、最近は独自の「あいづち対話法」を開発し、日本あいづち協会を設立し、その普及に努めている。

「2018年 『現実は厳しい でも幸せにはなれる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バカにつける心理学のその他の作品

ツイートする