念力家族

著者 :
  • インフォバーン
3.97
  • (16)
  • (6)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901873253

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  一言で説明すれば「電波短歌集」といったところか。
     短歌なので、僅かな時間でも細切れに読めます。通勤電車で、トイレの中で、仕事の息抜きに、寝る前など、好みの時と場所にてどうぞ。
     ただし、相性が合わないと「なんじゃそりゃ?」的な内容です。で、波長が合うと背中がゾワゾワします。妙な中毒性も覚えます。
     どこぞの書評では「爆笑できる歌集」と評価されたそうですが、爆笑ではないです。あくまでも「背中ゾワゾワ」です。

  • この本買ったらご本人からツイートされた。日曜ラジオのケータイ短歌でいつも出てくる時が楽しすぎる。やはり飛んでる歌人は素晴らしい。

  • なんて馬鹿馬鹿しい歌集!SFとファンタジーと笑いのまじった短歌が笑いを誘う。
    時々不思議に叙情的。

  • 人生のお供に。

  • 「ドラえもんがどこかにいる!」と子供らのさざめく車内に大山のぶ代
     「UFOは在る?」校内弁論大会を見守る窓の小型円盤
     あの夏の石段の上僕の背を押した少女よどうしてますか」

    またもや、桜庭一樹読書日記より借りてきた本★
    短歌集。
    本当に、次々と短歌が、しかも不思議な短歌が描かれていて、なんだかこの世界にとっぷり入ってしまうよう。
    うぅーーん、このシリーズ、他にも読んでみたいなぁ。
    また1つ新しい世界にこんにちは、をした気分です。

    【6/20読了・初読・市立図書館】

  •  すんばらしい詩集である。

    「音楽のテストの時間妹に招かれしモーツァルト霊あわれ」
    「落ちてくる黒板消しを宙に止め3年C組念力先生」
    「「ドラえもんがどこかにいる!」子供らのさざめく社内に大山のぶ代」
    「恐山のイタコに憑るナポレオンは青森弁の素朴な男」

    こんなのばっか(笑)。

  • SFをあっさり受け入れてしまう短歌の懐の広さに感心する。
    「Gパンを履きたる祖父に実写版鉄腕アトムのような哀しみ」

  • 念力に満ちた短歌。

  • 素晴らしい短歌集です。名作。天才。久々に世界つくってる作家さんをみつけた!!!! 

  • 大好きな短歌集。挿絵もサイケ
    デリコだよ。

全18件中 1 - 10件を表示

念力家族のその他の作品

念力家族 (朝日文庫) Kindle版 念力家族 (朝日文庫) 笹公人

笹公人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
笹 公人
フランツ・カフカ
笹 公人
朝井 リョウ
クラフト・エヴィ...
小川 洋子
穂村 弘
有効な右矢印 無効な右矢印

念力家族はこんな本です

ツイートする