関西電力と原発

  • 西日本出版社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901908863

作品紹介・あらすじ

黒田軍団の遺志を継ぐジャーナリスト集団うずみ火が挑んだ、関西電力と原発の現在過去未来。
3・11以来原発本と東電本は多く発行されていますが、地方原発について語られることは少ない現状、若狭に日本一の原発密集地を持ち、30キロ圏内に琵琶湖を持つ関西人は原発のある未来を選ぶのか否か。
関西電力と原発について関西人が主体的に考えるための1冊です。

巻末座談会にはフリーアナウンサーの山本浩之さんが参加。
1か月間福島に住んで取材をした体験を踏まえた議論を展開してます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは歴史の本として よく調べてある。次の予約者あり いつか買いたい

  • 原発は必要ありません!

    西日本出版社のPR
    「黒田軍団の遺志を継ぐジャーナリスト集団うずみ火が挑んだ、関西電力と原発の現在過去未来。
    3・11以来原発本と東電本は多く発行されていますが、地方原発について語られることは少ない現状、若狭に日本一の原発密集地を持ち、30キロ圏内に琵琶湖を持つ関西人は原発のある未来を選ぶのか否か。
    関西電力と原発について関西人が主体的に考えるための1冊です。

    巻末座談会にはフリーアナウンサーの山本浩之さんが参加。
    1か月間福島に住んで取材をした体験を踏まえた議論を展開してます。 」

全2件中 1 - 2件を表示

矢野宏の作品

ツイートする