よみたい万葉集

制作 : 村田 右富実  阪上 望 
  • 西日本出版社
4.40
  • (9)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901908948

作品紹介・あらすじ

現代の人々と共通する気持ちと、当時の人だけが持つ感覚、こころを感じる歌物語をイラスト満載のフルカラーで紹介しています。
ちょっとしたコラムページでは万葉集の歌から当時の人々の生活、価値観が垣間みえます。
基礎知識から資料編まで充実、万葉集を知らない人も、もちろん知っている人も楽しめる一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今風の可愛いイラストを見るだけでも楽しいが、解説もしっかりしており万葉集ファンとして大満足の一冊。

  • 歌の解説だけじゃなく、当時の恋愛事情とか防人事情とかまで解説にあったので、より当時の人々の気持ちに近づけました。個人的には地図があったのがとてもポイントが高かったです。歌に出てくる地名を実際の地図上で見ることで、奈良時代と現代って地続きなんだなって実感できます。挿絵も素敵で満足感の高い一冊です。

  • 万葉集初心者の小雀・鳥子ちゃんの疑問に、鹿先生(春日山在住)が答えてくれるというもの。

    やわらかい印象の挿絵がステキで、古典というジャンルにありがちな堅苦しさはない。
    「妹」「背」など、よく出てくる単語は解説もあり、わかりやすくて楽しめる。
    (ちなみに「妹」「背」は、「いもうと」や「せなか」のことではない。)

    心の内をストレートに表現した歌うたは、1000年以上も後に生きている私にも共感できる。
    なんのこっちゃと思う歌も多いけれど、こんなに親しめそうなら、一度『万葉集』を読んでみようかとも思えた。

    “夢の通い路”って言葉は万葉集の時代からあったのかな…とオトメな鳥子ちゃんに、「ないねー。」と一蹴する鹿先生がクール。

    図書館スタッフ(東生駒):コロロ

  • 配置場所:1F電動書架C
    請求記号:911.12||Y 81
    資料ID:W0191136

  • 1300年前に作られたとされる万葉集。しかし、当時の人々も恋に悩んだり、人との別れを惜しんだりなど、現代でも共感できるところがあります。本書は、成り立ちや種類から歌に登場する動物についてなど、イラストや対談形式でやさしく解説してくれます。当時の概念を知ることで、歌をより身近に楽しめるかもしれませんよ。

  • これぞ入門書。
    抑えておくべきキーワードそろっていてかつ重厚。
    楽しみ方を見出してくれる。

  • 額田王読んで以来の万葉集マイブーム(笑)当時からの人々の恋とか将来に思い悩む変わらなさにきゅんきゅんする。小ネタ、コラムが面白くてあっという間に読了ー

  • 万葉集の”入門書”ではなく”お勝手口本”と表現している通り,どんな風に楽しんだらよいのか?がわかります。
    興味はあるものの何をどう読んだらよくわからなかった私には本当に丁度よかったです。
    全編カラーでイラストが美しいなのとちょっとクールな鹿先生とかわいい鳥子ちゃんのやり取りも楽しかった。
    奈良に行きたくなりました(^^♪

  • 取っつきやすい。勝手口とはいい表現だ…。あをによし奈良に旅行に行く前に。

  • 万葉集をわかりやすくした解説書。
    絵と歌、歌の原文(漢字のみ)、歌の解釈がわかりやすく
    書かれているのがいいですね。
    先生と鳥子ちゃんの会話も楽しいです。
    万葉集入門者にはもってこいの本です。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

広島県出身兵庫県在住。イラストレーター。
2003年頃より活動。
2008年『ZAKKAな大阪』、2013年『マキノの庭のミツバチの国』(共に西日本出版社)イラスト担当。

「2015年 『よみたい万葉集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よみたい万葉集のその他の作品

よみたい万葉集 Kindle版 よみたい万葉集 松岡文

松岡文の作品

よみたい万葉集を本棚に登録しているひと

ツイートする