いけいけ!ボランティアナース―在宅ケアの新しい形

著者 :
  • アニカ
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901964098

作品紹介・あらすじ

元看護師の主婦が10年前に1人で立ち上げた、日本初の訪問ボランティアナースの会「キャンナス」。行政や医療・看護業界の制度やしがらみと闘いながら、今では全国18ヶ所の有志団体と2つの法人にまで広がった。その成長の記録と彼女たちの活動から、在宅看護・介護の理想が見えてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2015/4/1】
    紹介者:高橋太郎さん
    レビュー:米山(主催者)

    ナースつまり「看護師」の資格を持つ方の中には、人に貢献したい、という想いをもちつつも、現実の職務の負荷、家庭の状況、などなど、様々な理由で、看護師の仕事をしていない方も多いという。

    そんな方の貢献心を行動に起こしやすくするための組織の話。
    看護師でもある紹介者が「まだ読んでいないんだけどね」という前提でも紹介に熱がはいってくるところに、この団体のエネルギーを感じる。

  • 三葛館看護 N820||SU

    和医大図書館ではココ→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=50472

  • 制度や組織のしがらみに押しつぶされ・・・・看護ってなんだろうって思ってたときに出会った本です。
    いけいけ!って体を後押ししてくれる、とっても元気がもらえる本です!
    ナースのみなさん必見です!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1969年、東京都生まれ。現在、天理大学国際文化学部アジア学科講師。インドネシア近代史専攻。
[主要論文]
「19世紀中葉オランダ植民地体制下のプリヤイのイスラーム論 ジャワ北海岸におけるアフマッド・リファイ運動をめぐる言説を分析して」(『東南アジア 歴史と文化』第32号、2003年)、“An-other history, another view: Nineteenth-century Javanese Islamic didactic texts”, Creating an Archive Today(東京外国語大学大学院21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」研究叢書、2005年)。

「2008年 『インドネシアの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅原由美の作品

ツイートする