盲導犬アンドリューの一日

著者 :
  • ポトス出版
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (27ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901979009

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小5長女の 夏休み読書感想文候補で 借りてきました。絵本だったんだ…(^o^;)
    でも、盲導犬目線の語りで おもしろい♪

  • 請求記号: 369 マ
    資料番号:020059507

  • 小学校の3、4年生くらいに分かるようにということで、
    専門的な内容のテキストのリライトを試みたことがある。

    子供に分かるようにというのは思ったよりも難しかった。

    説明しようとすればするほど、文章が冗長になっていく。

    結果、自分が作ったテキストについては、
    本当に分かりやすかったのかどうかと考えると
    どうだろうなぁというものになってしまった。

    その点、本書は自然な分かりやすさがある。

    盲導犬アンドリューの視点で、盲導犬の一日を語っているのだが、
    これが、自然な感じでよい。

    大人が無理に子供向けに話すような不自然さがなく、
    アンドリューの語りが分かりやすさを自然に作り出しているように感じる。

    きっと何度も推敲してこの形になったのだろうけど、
    アンドリューが本当に話している内容を
    そのまま書き取ったくらいに自然だ。

    ひとつひとつの内容が1ページに収まり、
    かわいいイラストもついている。

    場面転換も自然で、せわしなさがない。

    ちょうどよい長さだと感じる。

    当たり前の一日だけでなく、ちょっとした失敗エピソードが
    入っているのも楽しい。

    そして、盲導犬の一日を描いただけではなく、
    さいごに、視覚障害者の援助の仕方や
    盲導犬の育成の過程やリタイヤ後のことも
    見事に1ページまとめている。

    援助の仕方については、下手な書き方をすると
    説教くさくなりがちになるが、
    ここの書き方も非常に自然だ。

    育成過程やリタイヤについても分かりやすいし、
    盲導犬はストレスがあって長生きではないといわれる問題についても
    しなやかに否定している。

    そう、彼らは、盲導犬という仕事にプライドを持って取り組んでいるのだ。

  • 盲導犬のいろいろな生活が書かれています。
    小1の次男もひとりで読めました。

全4件中 1 - 4件を表示

盲導犬アンドリューの一日のその他の作品

松井進の作品

ツイートする