絵に描けないスペイン

著者 :
  • 幻戯書房
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901998390

作品紹介・あらすじ

スペイン生活とは何か。ひと言でいえば、絶え間なき闘いである。そしてその99%は理不尽との闘いである。雪舟、北斎にゴヤ、ピカソ、天才たちの粗暴さを愛する画家の文化考。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • NHK週刊ブックレビューで、角田光代さんが紹介した本。
    堀越千秋さんは、東京芸術大大学院油画科修了され、フランス、イタリアの後に旅したスペインが気に入り、二年後に再びスペインへ。
    そして、本の時点で25年、現在ではすでに40年近くマドリードに住み、日本と行き来されています。

    本職が画家なのでしょうが、エッセイストともいえます。
    彼自身、非常に面白いかたで、スペインと日本でユニークな皆さんと交流されているので、笑いながら読みました。
    一番笑ったのは『茶一服』ですね。主役は茶道の大先生なのに。

    どんぐりを食べて育った豚のハム、食べたい!

  • ANAの機内誌「翼の王国」の表紙を描いている、スペイン滞在25年の絵描きによるスペインライフなどの身近エッセー。

    スペインのハモン(生ハム)の旨さ、日本とヨーロッパの温泉比較、アーティストや文化人との交流話・・・・・。

    電車の中で気軽に読めけれど、特になにも残らない。

全2件中 1 - 2件を表示

堀越千秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする