英単語 語源ネットワーク

制作 : 渡辺 順子 
  • コスモピア
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902091816

作品紹介・あらすじ

英語上級者に「どうやって単語を覚えたのですか?」と聞くと、異口同音に出てくるのが語源。「英語圏の学生も使う王道」が語源です。丸暗記には限界がありますが、英語の歴史に潜むドラマを知り、そこからネットワーク的に語彙を増やしていく方法、語根と接頭辞の組み合わせで意味を推測する方法なら、忘れにくく且つ未知語への応用が利きます。100万語もあるといわれる英単語。しかし本書を読めば、英単語のしくみのシンプルさと論理性、そしてその覚えやすさに納得するはずです。

●単語はどのように作られるのか
ギリシャ語、ラテン語、ゲルマン語にさかのぼる英語の歴史。ゲルマン民族大移動、ヴァイキング襲来、ノルマン・コンクエスト、百年戦争、ルネッサンスによる古典回帰などの歴史上の大きな出来事を振り返りながら、英語の歴史を概観します。


●英単語43に見る語源ネットワーク
computerは17世紀から存在していた、telephoneは「遠い」と「音」の2つのギリシャ語の組み合わせなど、43の単語をピックアップして、その歴史やエピソードを紹介します。さらに関連語をまとめてネットワーク表示し、語源への興味からたくさんの単語を覚えることができるように構成しました。

●重要語根50と20の接頭辞がつくる世界
単語の意味を決める語根と接頭辞を組み合わせて、どんどん語彙を増やしていく方法をマトリックスとネットワークの2つの図にして示しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 語源や語幹の解説をウリにした単語集は多くありますが、この本は単語が羅列されているのではなく、多くの単語が自然な繋がりをもった文章の中で解説されています。
    言葉の成り立ちがかなり遡った所から丁寧に解説されているので、テキストというより、読み物として楽しめるのではないでしょうか。

    英語という言語の文化的な背景など、残念ながら社会科全般に疎い私には理解しきれませんでしたが、英語に対する「深い理解」を助ける内容となっています。
    受験勉強などに即効性はないかもしれませんが、余裕のある時に読めば、知らない単語も類推する力がつき、結果として、ボキャブラリーも増えるはずです。

  • pedia

  • 立ち読み:2010/6/9

    語源で全ての単語を覚えられるわけじゃないけど…知っといて損はない。

  • こういう本を読めば単語の記憶力もつくし、知らない単語の意味推察力もつく。でも受験生はそういう余裕がないのだろうな。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

イギリス出身で、1978年より日本在住。1991年以降フリーランスライターおよび翻訳家として活躍。
海外では小説家(Crime sans Frontieres, Isolation, Nowhere to Run)、日本ではノンフィクション・ライターとして知られ、著書に『「ハリーポッター」が英語で楽しく読める本』シリーズ(コスモピア)、『知識と教養の英会話』『日本人のための教養ある英会話』(DHC)、『英語は多読が一番!』(ちくまプリマー新書)など多数。晴山氏との共著に『Twitter英語術』(実業之日本社)などがある。

「2017年 『Bam and Kero Go Flying バムとケロのそらのたび英語版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

英単語 語源ネットワークのその他の作品

英単語 語源ネットワーク Kindle版 英単語 語源ネットワーク クリストファー・ベルトン

クリストファー・ベルトンの作品

ツイートする