なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論

著者 :
  • いろは出版
3.36
  • (13)
  • (34)
  • (31)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 414
感想 : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902097795

作品紹介・あらすじ

難しいお金の知識も、「旅」を通して、リアルに聞けば、簡単にわかる!2年40カ国。お金について学ぶために、世界を旅した物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お金のことはあまり詳しくなく、日本人が世界においてどのように遅れているのかを知りたくて購入。日本人とお金についての内容の上、日経新聞で掲載されるぐらいだからきっと面白い内容だろうと思っていた。

    本書の構成は、
    ・日本人とお金
    ・お金の歴史
    ・お金を使う人、使われる人
    ・お金の危険さ
    ・お金から信用へ
    というもの。しかも各章ではヨーロッパやアジアなどの国々で著者が経験した事例を元に、どのようなお金の使われ方をしているかが載っている。お金を破り捨てる国、お金をねだる国など、様々な使われ方からお金の正体に迫るのも興味深かった。

    残念だったのが、なぜ信用がお金に取って代わられるのかを具体的に説明してくれなかった点。なぜ信用が重要なのか?信用がお金よりも優れているのは?などがなく、とりあえず信用を大切にしましょう的なメッセージだった。

    世界には日本人が知らないお金の知識がたくさんあり、その点で日本人は確かにお金に疎いのはよくわかった。世界の事例も一緒に知れたから、お金の勉強のモチベになる良い一冊。

  • タイトルから想像される日本人の働き方論ではなく、お金とは何か、ということをリーマンショック後に世界を旅した筆者の体験に基づいて考察する、つながりキャピタリズムの本。各国のお金にまつわるエピソードが深堀りせずにサラリと書いてあり読み易い。お金によって信用を買う時代からつながりによって信用を得る時代へ、という理想だが、悪意を待った集団による悪用の危うさが伺える。

  • 日経できる紹介
    お金のことを知らない日本人に向けた経済の教科書

  • お金を稼ぐことは目的でなく手段。儲ける事とは、信じるもの。自らを信じる人と信じられる人を増やすこと。
    楽しく暮らせなければお金があっても意味ないからね。

  • お金だけでは幸せになれないぞって話。これから、仕事や生活がSNSを通じて変化するみたい。

  • 「儲ける」という字は「信じる者」と書く。信頼関係を築くことで、お金が生まれる。
    良い心がけを持って、良いネットワークに繋がりたいと思う。
    インターネット時代の新たな解釈。良いネットワークは、お金よりも希少ということ。
    信頼関係を信用度と読み換えて、デジタル通貨と関連づけると次の世界が見えるわけだ。

  • 旅を通してわかるお金の本
    お金の知識として、学べるし今までにない本の展開内容で興味を持ちながら学ぶことができたと思います。
    お金とは何か?
    また、幸せとは何か?
    信頼の重要性など知りたい方にはピッタリの本だと思います。

  • 生きていく上で大事なことなのに、学校では習わない「お金」について。

    私も30を超えて自分の生き方に疑問を持つようになってから、自分でお金について学び始めました。
    お金のついて勉強していく中で、旅のテーマをお金として国々のお金に対する関わりなどからお金について知っていくというこの本の視点は新鮮でした。

    お金で嫌な目にも合うし、良い縁で繋がることもできる両極面を持ったお金はやはり何とも言えない力があるのかなーとも考えたりしてしまいました。

    お金について自分なりの軸が完成したわけではないですが、この本言っているようにポジティブな捉え方、使い方ができるような人になりたいなーと、また一つお金の価値観が見えてきたので読めてよかったなと思いました。

  • 「お金は永遠に近い不変性を持ったが、肝心のそれを使う私たち自身の生命に限りがあることに気がついていない人が多い」

  • あまりない展開、観点の本。

    筆者も言ってたが、私たちはお金についての教育を受けてきてない。大学も経済学部でなければ金融の授業はなく、小学校から16年間も学生なのに金融について何も知らない。
    これが普通だと思っちゃいけない。

    お金のあり方が各国であまりに違って面白かった。
    そして現在の金融だけでなく、変遷も知れた。
    金融となると学問に近い硬めの本が多いが、この本は読みやすく学びも多かったので満足。

全54件中 1 - 10件を表示

渡邉賢太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×