なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論

著者 :
  • いろは出版
3.41
  • (14)
  • (24)
  • (22)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 300
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902097795

作品紹介・あらすじ

難しいお金の知識も、「旅」を通して、リアルに聞けば、簡単にわかる!2年40カ国。お金について学ぶために、世界を旅した物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルから想像される日本人の働き方論ではなく、お金とは何か、ということをリーマンショック後に世界を旅した筆者の体験に基づいて考察する、つながりキャピタリズムの本。各国のお金にまつわるエピソードが深堀りせずにサラリと書いてあり読み易い。お金によって信用を買う時代からつながりによって信用を得る時代へ、という理想だが、悪意を待った集団による悪用の危うさが伺える。

  • 日経できる紹介
    お金のことを知らない日本人に向けた経済の教科書

  • お金を稼ぐことは目的でなく手段。儲ける事とは、信じるもの。自らを信じる人と信じられる人を増やすこと。
    楽しく暮らせなければお金があっても意味ないからね。

  • お金だけでは幸せになれないぞって話。これから、仕事や生活がSNSを通じて変化するみたい。

  • 記録

  • お金を目的に働くなんてだめ

    お金イコール信用、そっかあ

  • 自分がお金をもらうということに感じていた懸念が払拭されました。そして途上国で感じるお金に対しての価値観も言語化されていて納得しました。漠然とではなく、お金をテーマに旅するのも名案だと思います。

  • 「正しいお金儲けの本」として読むと期待はずれになると思います。

    内容はタイトルからはややズレていて「お金の価値、信用とは」といった内容。「お金」そのものについてといった感じでしょうか。著者自身が世界を歩いて学んだお金の歴史や、体験したエピソードなど大変興味深く読めました。終盤はごく個人的な体験に基づく結論になっておりあまり共感できなかった点が残念です。

  • 証券会社で働いていた著者が、世界を旅しながら、お金の歴史、お金とはなにかという疑問の答えを探し、これからのお金のあり方、働き方を示した一冊。

    2008年、低所得者層に向けた住宅ローンであったサブプライムローンのもくろみが外れ、リーマンショックと呼ばれる金融事変が起きた。
    そしてその波は世界の金融事変となってしまう。

    どうして太平洋の向こう側で行われた一部の人による些細なデタラメが、日本で誠実に頑張っている人々のお金を奪ったり、仕事を奪ったりすることになるのか、著者はそのことを知るために世界を旅し、「お金」や「資本主義」について学ぶことにした。

    お金の起源をもつエジプト、近代のお金が進化したスウェーデンやアメリカ、夕方5時には皆が仕事を終えるデンマーク等、旅した40カ国中17カ国の実情を例に挙げ、中国では落書きやテープで貼られたような紙幣の汚さに衝撃を受け、ブラジルでは当たり前のようにぼったくられ、コロンビアではピストル強盗にあってしまう。

    「お金」とは、信用の媒介物でしかなく、その「お金」が信用されるには、その「お金」を発行している国が信用されていること、「お金」を支払う相手が、その「お金」を信用していること、支払う本人も「お金」の価値を信用しているという3つの信用が必要になり、その3つの信用が低ければ価値を失いただの紙切れになってしまう。

    現在のお金は、現物の「お金」から姿を変え、インターネット上の数字としてビットとなり、さらに信用を必要とするものになっている。

    ただ、著者が世界を旅する中で、世界最貧国のひとつであるバングラデシュをはじめ、途上国と呼ばれる国で生活している人たちが不幸せそうだったかというと、全くそんなことはなく、アメリカや日本に住む、選択肢も豊富で裕福な人たちよりも幸せそうに生活している姿を目にする。

    今後は、道具であるはずの「お金」に振り回されず、少なくとも「お金」のせいで心を病んだり、生命を絶ったりすることをやめ、買い物や投資を通じて、他者を信頼し感謝する対価としてお金をだれかに託すという考え方が必要になる。

    そして、本当に大切なのは、お金そのものではなく、その奥にある「つながり」であり、「つながりの媒介物」となるお金を手に入れる手段である働き方も「人とのつながり」を得るための行為とすれば、だれもがつながる日々が生まれ、生活も感謝と信頼にあふれたものになっていく。

  • この本で最も言いたいことはお金は信頼から出来ているということだ。

    例えばぼったくりなど、信頼を損なうようなお金の取り方は、自身の首を閉めている様なものだなと感じさせてくれた。


    この本で言及しているインターネットにより、世界中の人々と繋がる世界が出来上がった。インターネットで世界のどこでも信頼関係を結べ、確認が出来る。すでに信頼をお金に変えるサービス、クラウドファンディングなどがどんどん増えている。そんな中これからのお金持ちは信頼持ちに名前を変えていくのではと思い付いた。

全44件中 1 - 10件を表示

渡邉賢太郎の作品

なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論を本棚に登録しているひと

ツイートする