最後のおでん 続・ああ無情の泥酔日記

著者 :
  • 寿郎社
3.79
  • (6)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902269512

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キミコさん、
    私はあなたのお陰で日常が楽しいです。

    面白いことを面白く伝えるには筆力が必要だと
    この本は滔々と語っているのです。

    全部ぜーんぶ読んで
    スッキリする、ストレス解消エッセイ。
    永遠の五つ星です。

  • 日記をまとめたものなのでそれぞれの話が短く読みやすい。面白かったが、途中で多少飽きがきた。

  • 914.6
    山本文緒との対談を収録

  • もうちょー面白い。
    こんなふうに面白い文章を書けるようになりたい!

  • 新しい本から読んでしまったから知ってたけど、斎藤くん、死んじゃったね。
    新しい本読んでるからこのあと公子がどういう風になるのか(って基本変わらないけど)知ってるだけに感慨深い。

    いつか公子の書いた小説を読む日が来るかもしれないね。

  • 坂東市の図書館【蔵書紹介・エッセイ】「枕もとに靴」の後編的エッセイ。日記になっていて、一日分が数行のときや何ページにもなっているときもあって、そんなありのままの気持ちが読んでいて共感をよぶひとも多いと思います。

  • 公子先生の、「大爆笑日記」の第2弾。たっぷり笑わせていただきました。時々じわっと来る日があったりして、なかなか油断ならない。そう思って読んでいると、ころっと足下をすくわれたり・・・。でも、なんだか勇気がわいてくるからいいや。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

エッセイスト

「2018年 『すべて忘れて生きていく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北大路公子の作品

ツイートする